【どんな体の特徴がある人も安心して行える】あらゆる人のためのヨガ

Sarit Z Rogers

【どんな体の特徴がある人も安心して行える】あらゆる人のためのヨガ

ヨガジャーナルアメリカ版の人気記事を厳選紹介!

ヨガとは何かと尋ねられたら、ほとんどの人が動物の名前がついた妙なポーズをすることだとか、大半の人にはできない熟練を要する運動だと答えるだろう。いったいどのくらいの人が、実際にはヨガの本質は自分の心とつながるために心を静めることにあると答えられるだろうか。

私はこのことを題材にした拙著『Accessible Yoga(あらゆる人のためのヨガ)』の中で、プロップスを用いたりポーズを修正したりして、さまざまな体型、さまざまな不調がある現代人のためにヨガの可能性を探った。ヨガが現れた頃にも地面ではなくブランケットの上に座った人がいるとしたら、ある意味では『Accessible Yoga』は数千年前から存在することになるが、人がポーズに合わせるのではなく、ポーズのほうを人に合わせて修正するという考え方は比較的最近生まれた。ヨガをしている人や指導者たちは最近になってようやく、文化的側面、心理学的側面、生理学的側面などさまざまな面でヨガに起きていることを真剣に考えるようになった。この流れを受けて、ヨガの焦点は今、複雑なポーズを完成させることよりも、一人ひとりの経験や直感を大切にすることに移りつつある。
それでもポーズの多くは、障害のある人や太った人、ヨギの商業的イメージと合わない人にとって親しみやすいとは言えない。

ヨガとは本当はなんであるのか調べていけば、「こういう人でなければヨガができない」という限られた理解を変えることができる。ヨガとは古来よりインドで慣習的に実践されていたものと比較的現代に近い時期にインドで実践されていたものを合わせたもので、実にさまざまな流派がある。ヨガは本質的には、自己探索、自己研究、自己認識を行う精神的修練であって、方法さえわかっていれば、誰でもいつでも行うことができる。
ヨガによって人生に対する別の見方を知ることができる。体と呼吸の緊張がゆるんで自分の心と親しくなり始めるとき、自分のなかで何かが変わる。これがヨガの目指すところだ。言い換えれば、自分の関心を外界から自分の内側へ変える。究極的には、私たちが探している透明性や平和、愛は、自分の内側に見つかる。

『Accessible Yoga』はチェアヨガを中心にして、慢性痛のある人や骨粗鬆症または多発性硬化症などの症状のある人でもヨガをできるようにつくられている。
次ページからのチェアヨガのシークエンスを試してみよう。関節の負担を和らげる一方で、集中力、可動性、体力が高まるように構成されている。どのポーズも心を落ち着かせ、体を活性化し、神経系を静めるため、これを行うと呼吸法と瞑想を行う準備が整って、ヨガのさらに深い恩恵を実感できるようになるだろう。

対象はすべての人

ここで紹介している「Accessible Yoga」のクラスで目指しているのは、あらゆる人を歓迎すること、生徒と話をすること、一人ひとりに合わせてポーズを修正すること、意識を現在に集中することの4点だ。
また、日常生活では体力が必要になるため、体力をつけることを重視している。

クラスの構成

クラスではまず姿勢を確認する。ここでは、生徒全員を身体的に楽にすることに重きを置いている。具体的には、スカーサナ(安楽座)のようなポーズを、椅子に座ったり、立ったり、マットに座ったり、壁を利用したりして行う。次に、チャンティング、瞑想または全身のボディスキャン(全身の感覚の観察)を通して、意識と心の焦点を自分の内側に向けていく。

心が集中したら、肩回しや首回しのような可動性を高める動きと、ゆるやかな太陽礼拝や立位のポーズのような体力をつける運動をバランスよく進めていこう。私たちのクラスではここで、生徒一人ひとりの体調と感じ方に合わせてポーズに修正を加える。

私には私の好きなシークエンスがあるが、私の生徒には自分自身が心地よく感じるポーズを指導するよう助言している。さらに、生徒にとって重要なことに的を絞って、その日クラスに誰が参加したとしても参加者全員に合わせてポーズを修正するよう指導している。私がヨガを教えるときには通常、後屈と前屈のポーズを1つか2つ、逆転とねじりのポーズをそれぞれ1つずつ行っている。

クラスの終盤では、生徒がリラックスしてヨガの恩恵を受けられるようにする。そのひとつが静寂だ。シークエンスを終えたら、誘導がない場合も指導者が誘導する場合もあるが、瞑想を2〜3分間行おう(次ページの「自分の心と親しくなる瞑想」がひとつの例だ)。その後、どのような形でもいいので、シャヴァーサナ(亡骸のポーズ)で休息しよう。

参加者に合わせる

ポーズを誰にでもできるようにするには、プロップスを利用することが最も効果的かもしれない。一部の公共施設で行われているクラスでは、プロップスの利用が禁止されていたり、利用するのは恥ずかしいと思われていて利用できないことがある。しかし実際には、プロップスは実に多くの効果をもたらしている。利用しない理由を挙げるのが難しいほどだ。

プロップスを利用すると…
●床と体の距離を縮められるため、ポーズがしやすくなる。
●ポーズをしているときに骨格の配置が変わらないため、安心感が生まれる。また、伸ばしすぎや捻挫を防げる。
プロップスを利用しなければ届かない体の部位にも触れることができるため、全身を流れるエネルギーをよく感じられるようになる。

さらに、自分でプロップスの位置を変えれば、さらにポーズをしやすくできるだろう。ポーズのなかには体の向きが原因で難度が高くなっているものがある。アドームカーシュヴァーナーサナ(ダウンドッグ)はさまざまな理由から難しいポーズだ。体重を手首で支えなければならないということも理由のひとつである。これを体に合わせるには、手を床ではなく椅子か壁におけばいいのだ。
また、心のなかでポーズを練習して、ポーズを修正することもできるだろう。たやすいことのように聞こえるかもしれないが、高い集中力があってはじめてできることなので、実際にはヨガのなかで最も高度な方法のひとつだ。この方法を使えば、体が思うように動かない人でもヨガができるようになる。

あらゆる人のためのヨガ
photo by  Sarit Z Rogers

by Jivana Heyman
photos by Sarit Z Rogers
model by De Jur Jones translation
by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.74掲載

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
あらゆる人のためのヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する