人気ヨガ講師が大事にしている「マイ・ベスト・ヨガポーズ」は?

ヨガジャーナル日本版

人気ヨガ講師が大事にしている「マイ・ベスト・ヨガポーズ」は?

太陽礼拝からの瞑想

動(太陽礼拝)で体とエネルギーを整えた後、静の時間(瞑想)をとることで、ざわつきや重たさのない状態、偏りのない自分に戻れます。太陽礼拝ではアレンジを加えて股関節や背骨の柔軟性を高め、瞑想で座りやすい体に。(鈴木伸枝先生)

片脚のダウンドッグ

ダウンドッグから片脚を上げて股関節をストレッチ。軸足のかかとを持ち上げて体幹を使って体を支える。

片脚のダウンドッグ
片脚のダウンドッグ

脚回し

片脚のダウンドッグから膝を曲げる。膝で外側から円を描くように胸の前~軸足の内側を通って脚を天井へ。もう一度膝を曲げて軸足の内側~胸の前を通って両手の間に足をつく。

足回し
脚回し

ロールアップ

脚回しから両足を揃えてウッターナーサナへ。そこから背骨を1つずつ積み上げるイメージで体を起こす。胸を開き両手は天井へ。

ロールアップ 太陽礼拝
ロールアップ
ロールアップ 太陽礼拝
ロールアップ

末端からゆるめる

快適に座れる体をつくるために毎日アーサナを練習し、その際必ず末端をゆるめてから行います。力みを取ってから練習するとアーサナが深まり、快適な呼吸と瞑想につながる近道となります。(仁平美香先生)

腕の付け根

就寝中に下側になっていたほうを重点的にマッサージ。親指の腹で内側から外側に肩を開くように行う。

ヨガポーズの種類は約8400万!ヨガ講師が大切にしているポーズは?
腕の付け根

首の付け根のくぼみ

首の付け根にある左右のくぼみに親指をあて、あごを上げて頭を押し上げるようにプッシュ。

ヨガポーズの種類は約8400万!ヨガ講師が大切にしているポーズは?
首の付け根のくぼみ

ヴィーラバッドラーサナⅡからⅠへの移行

上・下半身が連動する体の機能を利用した、「体が持つ自然な動きの反応」を感じられる移行の方法。たとえば腕を上げるにしても何十通りもの動かし方ができ、その動きによってほかのパーツの反応も変化することがわかる。さまざまな体の状態に最適なアーサナを提案してきた、私のアーサナの原点。(峯岸道子先生)

ヴィーラバッドラーサナⅡ
ヴィーラバッドラーサナⅡからⅠへの移行

 

ヴィーラバッドラーサナⅡ
ヴィーラバッドラーサナⅡからⅠへの移行

 

ヴィーラバッドラーサナⅡ
ヴィーラバッドラーサナⅡからⅠへの移行

 

ヴィーラバッドラーサナⅡ
ヴィーラバッドラーサナⅡからⅠへの移行

 

ヴィーラバッドラーサナ
ヴィーラバッドラーサナⅡからⅠへの移行

経典を読むこと

アーサナ練習や瞑想に加え、『ヨーガスートラ』や『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』などの経典を読
み、生き方のベースとなるヨガの教えに触れています。ヒマラヤ聖者の教えをまとめたヨガ行者の自伝も愛読。(大友麻子先生)

ヨーガ・スートラ
ヨガの経典

深い瞑想を行うための独自のアーサナ

名もなきアーサナ。最初は足を1mほど開いた姿勢になることが多いオリジナルのアーサナで、体が欲するままの動きを許します。「私」はただその動きを見守るだけ。その状態が私の中ではアーサナのゴールです。(綿本彰先生)

綿本彰 ヨガ
体や呼吸を通して内観を深める瞑想のためのアーサナ

 

綿本彰 ヨガ
体や呼吸を通して内観を深める瞑想のためのアーサナ

 

綿本彰 ヨガ
体や呼吸を通して内観を深める瞑想のためのアーサナ

 

  • 2
  • /
  • 2

Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ターダーサナ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
シャヴァーサナ
木のポーズ
チャイルドポーズ
アルダマッツェーンドラーサナ
シールシャーサナ
ヨガポーズの種類は約8400万!ヨガ講師が大切にしているポーズは?
ヨガポーズの種類は約8400万!ヨガ講師が大切にしているポーズは?
ヴィーラバッドラーサナⅡ
ヴィーラバッドラーサナⅡ
ヴィーラバッドラーサナⅡ
ヴィーラバッドラーサナⅡ
ヴィーラバッドラーサナ
足回し
片脚のダウンドッグ
ロールアップ 太陽礼拝
ロールアップ 太陽礼拝
ヨーガ・スートラ
綿本彰 ヨガ
綿本彰 ヨガ
綿本彰 ヨガ
チャイルドポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する