“愛され”はもういらない!ヨガで手に入れる新しい女子の生き方

Getty Images

“愛され”はもういらない!ヨガで手に入れる新しい女子の生き方

櫻井麻美
櫻井麻美
2018-08-21

雑誌やネットにあふれている“愛され”女子になる方法。彼氏に愛されるために、友達に愛されるために、上司に愛されるために、後輩に愛されるために…誰かに愛されるために生きるなんて疲れませんか? 今日からは、脱“愛され”!ヨガで手に入れるこれからの女子の新しい生き方とは。

なぜそんなに愛されたいの?

世にあふれる「愛され信仰」。なぜそんなに誰かに愛されたいのか考えてみて。何が欲しくて愛されたいのでしょう。誰かに認めてもらうこと、誰かに自分を必要とされること、そうすることで自分の価値を自分で確かめているのかもしれない。それって、自分に自信がないってこと?自分の価値を自分で認められていないってこと?誰かに自分の価値を決めてもらうなんて、早く卒業しませんか。

誰かのために生きるのはもうやめよう

誰かに愛されようと自分のやりたいことや本当の気持ちをしまいこんで生きるって、本当に楽しいですか?誰からも愛される人なんていません。人に合わせて自分をないがしろにするんじゃなくて、自分の気持ちに素直になりましょう。自分のことを認めてあげましょう。そうすれば、自分に自信を持つことができ、自分を好きになることができます。自分に自信をもって好きでいられたら、誰かに自分を評価してもらう必要なんてありません。私が私を評価してあげればいいのだから。

ヨガで自分を幸せに

ヨガで自分を好きになることは、ヨガで「キレイ」になった自分を好きになることとは違います。ポーズをとることは、ありのままをみつめる練習。体の動きや呼吸をみつめて「いい」「悪い」関係なく起こっていることすべてを受け止めることです。それはいつもの生活でも同じこと。どんな見た目でもどんな性格でも、「いい」「悪い」ではなくそのまま受け止めてあげましょう。なぜなら「いい」「悪い」は誰かが勝手に決めたこと。それに自分を当てはめる必要はありません。自分で自分を認めてあげましょう。そうすれば、自分のことがだんだん好きになってくるはず。自分のことが好きになれたら、誰かから愛されなきゃいけないと思わずに済みます。自信をもって自分らしく毎日を送ることができたら、とっても幸せな気持ちになれるはずです。

誰かに期待するんじゃなくて、自分を変えてみましょう。誰かを変えることはできないけど、自分は変えられます。自分に自信がある人は、とても輝いて見えるもの。誰かに愛される美しさを目指すのではなく、内面から輝く美しさを目指しましょう。そして最後に一番大事なことは、誰かに幸せにしてもらおうと思わないこと。自分のことを幸せにできるのは自分だけなのです。さあ、ヨガで幸せな自分になりましょう。

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する