日本の美意識や奥ゆかしさを大切に|土に還るヨガウェア「LITA」の魅力

LITA

日本の美意識や奥ゆかしさを大切に|土に還るヨガウェア「LITA」の魅力

林ゆり
林ゆり
2022-11-09

着心地のいいヨガウェアが環境にもやさしければ、より気持ちよく過ごせますね。土や自然に還すことを目指して糸の開発からスタートしたヨガウェアブランドが「LITA」です。人と環境のより良い関係性とファッションを軸にし、ヨガのマインドに通じるウェルネスな世界観を持つブランドをご紹介します。

日本の天然繊維である和紙を使った「LITA」

LITA
和紙を軸に日本の伝統美をヨガウェアに活かしたLITA。

土に還ることを目指して、日本の天然素材である和紙を軸に、糸の開発を始め2022年の春夏コレクションからスタートしたのが「LITA(リタ)」です。重ねること、覆うこと、さらに、しなやかなカラダの動きに合わせて覗く肌の美しさなど、日本の奥ゆかしさを大切にデザインされています。ヨガの動きで、肌の露出がちょっと気になる部分や、よりラインが美しく見えるようにカッティングされているなど、絶妙のデザインがラインアップされています。

しかも、この素材が和紙を軸に織り上げられているのです。見た目は、光沢感もあり、第一印象は、シルクとコットンの混紡かと思いました。和紙は、非常に軽く、吸水・吸湿性、速乾性、消臭性、抗菌性、UVケア効果など、優れた特性を持っています。インナーウェアなどにも採用されているので、ご存知の人も多いですよね。そんな和紙とキュプラ糸を合わせて撚り、テレコ編みにし、さらっとした肌なじみのテレコファブリックが誕生し、軽やかなドレープを生み出しています。また、和紙の機能を保ちながらアクティブな動きにも適応するために、そんな和紙糸に生分解性の高いキュプラ糸を合わせて撚り、和紙特有のドライな質感を残しながら、耐久性をあげ、滑らかな肌触りを実現しています。さらに特有の艶感もプラスされ、デイリーにも着用できる高級感ある表情に仕上がっています。また、ポンチ編み(両面機という表と裏が一度に編める機械で編むこと)にすることで、伸縮性が加わり、ライトスポーツに対応できるストレッチ性を生み出しています。これら独自のファブリックは、環境と人の正しい関係性を提案したいと、2年もの歳月をかけて開発されています。

秋冬のテーマは、「うそのない心地よさを むりのない心地よさを」

LITA2022AW
ウール素材も登場した2022年秋冬コレクション。

セカンドシーズンとなる2022秋冬コレクションのテーマは、「うそのない心地よさを むりのない心地よさを」です。私たち自身の心地よさはもちろん、地球にもやさしいアイテムを展開しているだけに、とってもしっくりくるテーマです。ちなみに、デビューコレクションのテーマは「どこにいてに自然な自分と繋がる」でした。

デビューコレクションも継続し、新たなアイテムが加わっていくという展開のため、以前のコレクションも購入でき、今シーズンのものとコーデできるようになっています。今シーズンは、天然繊維のウールやコットンなどのニットボレロ、オールインワンなども登場しています。

LITAヨガマットバッグ
ヨガマットだけでなくウェアも入れられ、肩掛け、リュックとしても使用できるバッグ。象牙色・紅柄色・墨色の3色展開 23100円(消費税込み)

ウェアはもちろんですが、筆者が気になったのが、ヨガマットバッグです。基本的にヨガマットのバッグって、ヨガマット以外は入らないというか専用バッグであることが一般的ですよね。もっと応用がきいて環境にやさしいバッグを…と、金具を使用せず、すべてコットンで作られたバッグもありました。肩掛け、リュックとしても使用でき、ヨガマットのほかヨガウェアも一緒に持ち運べ、とても快適。編みこまれたロゴもかわいいです。

来シーズンのテーマは「香」

LITA2023SS
香道の「源氏香」をテーマにした2023年春夏コレクションは、来年3月発売予定。

発売はまだ先になりますが、2023年春夏コレクションも発表されました。次のテーマは、「香」です。この香りとは、日本の奥ゆかしさや和紙を採用しているだけに、お香のことだそうです。お香は、香木のみを原料とした自然の植物で作られたもの。古くから「香道」として知られ、香りを“聞く”と表現されます。香道の「源氏香」をもとに、その図をモチーフとしてあしらい、日本の伝統文化をインスピレーションに表現したコレクションです。源氏香では、1番目から5番目まで順に香を聞き、それを縦線で表し、同じ香と思ったもの同士で、上部を横線でつなぎます。その図がモチーフになっていて、さらにはお香から薫る煙がステッチで表現されていました。

LITA くゆり
お香の薫りがステッチで表現されています。

地球と自然で作られた香木に敬意を払い、その魂を聞くという香道が、自然の植物を原料にした和紙を軸とするLITAのブランドと世界観が重なることからテーマに選んだそうです。お香好きの筆者としては、来春の発売が今から楽しみで仕方ありません。また、ヨガだけでなく、デイリーにも着たくなるアイテムが増えているのもうれしいポイントです。

日本の伝統文化と自然や環境との調和も考え、コレクションを展開するLITA。ヨガウェアブランドで、これほど日本らしさにこだわっているブランドは珍しいですよね。奥ゆかしさと日本の伝統文化をとり入れ、環境に配慮した素材で着心地がいい。ヨガをしているときに、いつも以上に癒される気がしました。

AUTHOR

林ゆり

林ゆり

ブランド研究家/ロハスジャーナリスト。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

LITA
LITA2022AW
LITAヨガマットバッグ
LITA2023SS
LITA くゆり
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する