体にいい食事が気になりだしたら知っておきたい! ヨギたちのお気に入り「ラカントS」の使い方

体にいい食事が気になりだしたら知っておきたい! ヨギたちのお気に入り「ラカントS」の使い方

体にいい食事を意識しているヨギたちの間で話題の「ラカントS」。まだよく知らない……という人のために、 読者を代表してヨガジャーナルフレンズのひるかわえみこさんが、メーカー広報にインタビューしました!

料理やスイーツづくりに簡単に使えて糖質コントロール

ひるかわえみこさんは、食事の工夫や運動でマイナス15㎏のダイエットに成功
した経験を持つヨガインストラクター。
「ラカントS」の愛用歴も長いそう。お気に入りのポイントを聞いたところ、「味にクセがないので、お菓子にもお料理にも使いやすい! 甘いものを食べたいけど糖質は気になるというときにも心強い味方です」と答えてくれました。
「ラカントS」は、2つの天然素材のみでつくられたカロリーゼロの自然派甘味料。人工甘味料や着色料は無添加で、砂糖と同じ甘さを実現しています。

顆粒タイプとシロップタイプがあり、ひるかわさんも「調理方法やシーンよって使い分けることができて便利」と太鼓判。さらに詳しい特徴は、下記をチェック!

読者代表! ヨガジャーナルフレンズが突撃インタビュー!

1-1
ひるかわえみこさん @emikoyoga33

ほかの人工甘味料と何が違うの?

原料はウリ科の「羅漢果(らかんか)」と天然甘味成分の2つのみです

「羅漢果」は、中国の桂林にのみ自生するウリ科の植物。その希少な果実から特殊な技術で抽出した「高純度 羅漢果エキス」と、トウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」から「ラカントS」はつくられています。天然素材にこだわった安心の自然派甘味料なのです。

ちょっとお高いのが気になります…

「羅漢果」の栽培から加工まで品質管理を徹底しているため

「羅漢果」は栽培が難しく、中国政府が保護植物に指定するほど貴重な果実。「ラカントS」には契約農家で栽培管理した果実を使用し、輸入後も日本国内の自社工場で厳しい品質管理を行っています。また、「高純度 羅漢果エキス」は1㎏の実から10g しか取れない成分であることも理由です。

料理やお菓子づくりにそのまま使ってOK?

砂糖と同じ甘さで熱に強く幅広いメニューに活躍します

「ラカントS」は、砂糖の300倍の甘さの「高純度 羅漢果エキス」と、天然甘味成分「エリスリトール」をバランスよく配合することで、砂糖の甘さや風味に限りなく近づけています。また、加熱調理しても甘味が損なわれないため、煮込みやグリル料理、焼き菓子づくりにも使えます。

使い切らずに残りがち。使用期限はある?

適した保存方法を守り、シロップタイプは1カ月を目安に

顆粒タイプを開封後はチャックをしっかり閉めて常温保存し、シロップタイプは冷蔵庫で保管しましょう。保存状態にもよりますが、1カ月を目安に使い切るのがおすすめです。未開封の場合の賞味期限は、顆粒タイプで製造日から2年、シロップタイプは製造日から1年半となります。

甘いのにカロリーゼロって本当ですか?

「高純度 羅漢果エキス」の採用でカロリーゼロを実現!

「ラカントS」に使用されている「高純度 羅漢果エキス」は砂糖の300倍の甘さ! サラヤの特許成分として、国による安全性確認試験でも保証されています。さらに天然甘味成分「エリスリトール」は体内で代謝されず、血糖値に影響しません。この2つを合わせることで、“砂糖と同じ甘さでカロリーゼロ”を実現しています。

使ってみました!

3-2
4-2

「ラカントSを使って、ヘルシーな大豆粉バナナマフィンをつくりました。液体タイプは冷たい飲み物にもサッと溶けて使いやすいですね」。

n1
医師100名のうち99%から推奨意向を受け、「医師の推奨意向確認済み商品」として認定された自然派甘味料。(左)ラカントS顆粒130g、(右)ラカントSシロップ280g各オープン価格
n2
自然派甘味料「ラカントS」には、実は2種類のパッケージがあります。ドラッグストアや薬局等の健康食品売リ場では上の写真のパッケージ。ぜひチェックしてみて!

 

ラカント公式アカウント@lakanto_officialもチェック!

問い合わせ先:サラヤ 
電話番号:0120-40-3636(受付時間:土日祝日を除く、9:00 ~ 17:00)

text by Nanako Inoue
sponsored by サラヤ

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

All photosこの記事の写真一覧

1-1
3-2
4-2
n1
n2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する