【この方法で股関節が柔らかくなった】座ったまま1回5分!じんわ~りほぐす「股関節ストレッチ」

【この方法で股関節が柔らかくなった】座ったまま1回5分!じんわ~りほぐす「股関節ストレッチ」

股関節をほぐすべきなのは何となくわかるけれど、変わる気がしないしエクササイズを頑張る気力もあまり湧かない……諦め気味の時こそ少しの積み重ねで体が変わりやすいかもしれません。長続きさせるために、筆者が実際にスキマ時間で行っている方法をご紹介します。

股関節をほぐす・鍛えるべき理由は?

上半身と下半身を繋ぐ、体の中で最も大きな関節が股関節です。股関節はスポーツシーンだけでなく、立つ・歩くといった日常動作にも関わる重要な関節です。股関節を使う機会が少ないと、血液循環の滞りや筋肉の衰えから、なんとなく不調を感じる可能性があります。片足立ちで姿勢が崩れる、O脚・X脚、長時間座りっぱなしで筋肉の衰えや腰痛がある等、当てはまる方はそれらの原因が股関節にあるかもしれません。

股関節
illust AC

股関節をほぐすメリット

・血流改善、疲れにくい体づくり

・むくみの解消

・代謝の向上

・腰痛の軽減

・姿勢の改善

・運動のパフォーマンスアップ

・怪我の予防

生活上の運動量や座り姿勢を確認し、気付いた時にはまず股関節をほぐしたり揺らしたりして緩めてみてください。股関節は硬くても仕方ないと思っていた方も、股関節を特に意識することが無かった方も、隙間時間にコツコツと続けることで体の変化を感じやすくなります。

座ったまま股関節ほぐし

実際に行っている股関節ストレッチをご紹介します。私自身はもう変わらないかもと思いながらも、重点的に意識的にほぐすようになってからは、続けるうちに柔らかくなりました!マットの上で行わないといけないと思わず、家事や仕事の合間、子供をあやしながら、寝る前など「今なら出来そう」と思うタイミングで取り入れてください。1ポーズ30秒を目安に、呼吸を止めずに行います。

●やり方とポイント

①四つん這いから右脚を両手の間に、左脚を後ろに引きます。そのまま胸を開いて左の股関節を伸ばします。

1ストレッチ

②右手と右脚の位置を反対に、右脚のつま先を外側に向けます。両手を少し前に、無理がなければ肘を床に付きます。

2ストレッチ

③上半身を元に戻し、右手を腰に、そのまま右側にねじります。元に戻したら一度腰を後ろに引き、右脚を伸ばし緩めます。

3ストレッチ

④四つん這いから両膝を外側に開きます。痛みより心地よさが勝つ範囲で、上半身をゆっくり倒しキープします。

4ストレッチ

動画で詳しく確認したい方はこちら

 

AUTHOR

小野田貴代

小野田貴代

ヨガインストラクター・ベビーマッサージセラピスト。学生時代にヨガに出会い、ヨガインストラクター養成講師を経て現在はオンラインを中心に活動。誰もが取り組みやすい、日常に活かすヨガを幅広く伝えている。CM等のメディア監修や健康コラム執筆、 FMラジオパーソナリティとしても活動。初心者から自分のペースで楽しめる「たかヨガ」もYouTubeで配信中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

股関節
1ストレッチ
2ストレッチ
3ストレッチ
4ストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する