無理に股関節を開かなくても大丈夫|合せきのポーズを快適に行うための2つのポイント

Adobe Stock

無理に股関節を開かなくても大丈夫|合せきのポーズを快適に行うための2つのポイント

足の裏を合わせて膝を開く合せきのポーズ。股関節の柔軟性が気になる人には難しく感じるポーズですが、ちょっと頑張れば柔軟性がつくかも…と無理に膝を下げようとして体を痛めてしまうこともあります。体に負担をかけずに少しずつ練習できる方法を知っておきましょう。

合せきのポーズ(バッダコナーサナ)の効果・やり方

合せきのポーズ
Photo by Yoga Journal US

効果

・太ももの内側や股関節がストレッチされる
・骨盤周辺の血行を促進する
・月経中の不調が緩和される
・卵巣、泌尿器系、腎臓の機能を正常に保つ

やり方

1. 両脚を伸ばして座り、膝を曲げて足の裏同士をあわせる。
2. 足の周りをつかんでできる範囲で足を体の方へ引き寄せる。
3. 背中が丸くならないように、胸を開いた状態を保ってゆっくりと呼吸を続けてポーズをホールドする。

仰向けになって行う横たわった合せきのポーズ(スプタバッダコナーサナ)は上述の効果に加えてリラックス効果も期待できます。

仰向けの合せきのポーズ
Photo by Yoga Journal US

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

合せきのポーズ
仰向けの合せきのポーズ
ブランケットに座る
合せきのポーズ軽減法
合せきのポーズ足
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する