股関節・膝・足首への負担が気になる人へ|座位の代わりに仰向けでできる3つのヨガポーズ

Adobe Stock

股関節・膝・足首への負担が気になる人へ|座位の代わりに仰向けでできる3つのヨガポーズ

座位で行う股関節やお尻のストレッチにも効果的なヨガポーズには、膝などに痛みや違和感がある時には避けるべきものがあります。でも何もできないと全て諦めるのはもったいない…!同じポーズでも仰向けならできるかもしれません。

片足/半分の鳩の王のポーズ

鳩のポーズ
Photo by Yoga Journal US

股関節を開いて膝を曲げたりその状態で上半身を倒すので、ポーズを見ただけで心配になるかもしれません。仰向けになったり壁を使えば強度を調節しやすくなって負担を減らすことができるので安心です。

仰向けで

鳩のポーズ軽減法
Photo by Yoga Journal US

やり方:
1. 両膝を立てて仰向けになり、右の足首を左膝の上に置く。
2. 左の太ももの裏、またはすねを両手で抱えて胸の方へ引き寄せる。
3. 左右の膝がなるべく一直線に並ぶように右の太ももを少し前に押し出し、お尻や股関節周辺の心地よい伸びが感じられるようにし、呼吸を続けてポーズをホールドする。
4. 終わったら足をおろして反対側も同様に行う。

手で太ももやすねを抱えるかわりに、壁に足の裏をつけるのもやりやすい方法のひとつです。

鳩のポーズ 壁
太ももを手で軽くサポートして股関節の開き具合を調節しましょう。

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

鳩のポーズ
鳩のポーズ軽減法
鳩のポーズ 壁
牛の顔のポーズ
ゴムカアーサナ脚
スクワット
仰向けのスクワット
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する