【カイロプラクティック×生体力学×ヨガ】世界で流行中「カイウトヨガ」 創始者が語る特徴と方法論

yogajournal.com

【カイロプラクティック×生体力学×ヨガ】世界で流行中「カイウトヨガ」 創始者が語る特徴と方法論

ヨガジャーナルアメリカ版の人気記事を厳選紹介!フランシスコ・カイウトがブリア・カヴァコリにカイウトヨガについて語った。

創始者が語る「カイウトヨガ」の歴史と目的

ヨガは自分の歴史、痛み、トラウマを無視したり否定したりせずに深く愛して受け入れるのに役立ちます。私はブラジルで過ごしていた時期にこのことを身をもって知りました。
私は5歳の時に不慮の事故に遭っています。私の父は軍隊で働いていたのですが、私といとこが車の中で遊んでいたところ、父の銃が出てきました。そして、ふたりでその銃をおもちゃにして遊んでいる最中に、いとこが誤って発砲して私の左腰を撃ってしまったのです。
この外傷は私の全身に影響を及ぼしました。私が記憶している数少ない幼少期の思い出も、大部分が痛みに結びついたものです。私はその事故に遭ってから脚、背中、首、肩を中心に体に違和感を覚えるようになりました。ハムストリングが痙攣することもあって、直立して歩くのに苦労しました。また、サッカーをしているとよく腰の筋肉が動かなくなり、友達にグラウンドから担ぎ出してもらっていました。体の一部に何かが起きると全身に影響が及ぶことを身をもって知る日々でした。

私は12歳の頃にマッサージやカイロプラクティックに救いを求め始め、15歳でヨガに出会いました。ヨガに出会った経緯をお話ししましょう。ある晩、母と一緒にバレエダンサーのミハイル・バリシニコフが主演した映画『ホワイトナイツ 白夜』を観たのですが、バリシニコフのソロの驚異的な動きから感じられた解放感にすっかり心を奪われました。私が体の内側で感じていた鎖で締め付けられるような感覚とは対照的な解放感だったのです。翌日、バスを待っている時に、売店に置かれていたヨガの雑誌の束に目がとまり、何種類か購入しました。ヨガが役立つのではと直感的に感じた私は、購入した雑誌をその夜一晩かけて隅から隅まで読み尽くしました。そしてその週末、地元で開催されるマッサージとヨガの研修の広告を見つけて、申し込んだというわけです。

私はマッサージとヨガの実践と指導に熱中しました。私たちが行っていたのはハタヨガの一種で、呼吸法と無理のないポーズを重視するものです。夢中になって取り組んだ結果、2年後には最初のヨガスクールを設立することができました。その後、カイロプラクターになった時も、ヨガは私の生活のなかで一貫して重要なものでした。当時は、一日中カイロプラクティックの施術をして、最後の施術の直後にヨガのクラスで指導をしていました。
私はヨガマットをカイロプラクティックの施術台だと考えています。カイロプラクティックの手技は関節の深部にまで働きかけて、筋骨格系と神経系も含めて全身に影響を及ぼすことができますが、ヨガのポーズもカイロプラクティックの手技と同じように作用します。

私はヨガの指導を始めた当初から、体にゆがみのある人や過去にけがをした人などさまざまな生徒に教えていましたが、次第に自分の指導が独特であることを自覚していきました。そして、ヨガ業界に見られるフィットネスの要素が大きいヨガに代わるものを提供して、皆さんに体の内なる知恵と再びつながってもらいたいという願いを抱きながら、十分時間をかけてカイウトヨガを確立しました。

方法論

カイウトはカイロプラクティックの方法論と生体力学の知見にヨガの知恵を組み合わせている。カイウトヨガには3つのテーマがある。持続できること、形よりも機能を重視すること、誰でも取り組めることの3点である。1回の練習は導入部、中心部、終結部の3段階に明確に分かれていて、今この瞬間に意識を向けて体の声に同調できるように、ポーズは数分間保持する。このように長時間ポーズを保持することは、痛みや違和感の感じ方に直接関係のある神経経路を新たにつくるのにも役立つ。

関節の可動性が失われると、ほとんどの場合その関節の可動域と運動量が低下する。すると今度は、筋肉が使われなくなるために、筋肉が正常に保たれなくなり機能の低下が見られるようになる。カイウトヨガでは関節に直接働きかける。それによって筋肉に一連の良い効果が引き起こされる。関節がバランスのよい可動性を取り戻すと、可動域が広がり、筋肉の調子が整う。そして、新たな神経結合に支えられた筋肉によって、心と体がますます知的に一体化したものになっていく。 

3つのテーマ

(1)持続できること
けがをしたり、疲れすぎたりしないように、クラスで動きを変えたり改良したりするときには、それが持続できる動きかどうか考えよう。表面的な形を追求するのではなく、長期的に自分の体を安全に機能的に保つためにどのような動きが役に立つのか探っていこう。

(2)形よりも機能
自分の体をポーズに合わせるのではなく、自分の唯一無二の体に合った姿勢を見つけよう。ポーズの形は一人ひとり異なるはずであり、経歴や事故歴、外傷、生体力学的特徴、遺伝的要因、ドーシャ、体の使い方などの要素を組み合わせて初めて理解できるものだ。このような要素を無視することは、自然を軽視することに等しい。カイウトヨガでは、誰もがポーズの効果を感じられるように、常に形よりも機能を重視している。

(3)誰でもできる
カイウトヨガには、初級や中級といったレベルがなく、指導者はさまざまな人が参加できるように各クラスに工夫を凝らしている。ポーズに入る方法は人それぞれだということを理解しているかぎり、誰でもポーズの効果を実感できる。

クラスの編成

(1)導入部
ヨガをするときには、締め切りに間に合わせようと働いているときや、渋滞のなかを運転しているときのようには動きたくないものだ。そこでカイウトヨガでは、神経系を弛緩させて、副交感神経を優位にするところから練習を始める。私たちはそのとき「休息と消化」モードに入っている。
この状態に移りやすくするには、ヴィパリタカラニ(壁に脚を上げるポーズ)やスカーサナ(安楽座)などのポーズによって、心を落ち着けて、刺激を受け入れられる状態に入り、今ここに意識を向ければよい。指導者が室温をたずねたり、ボルスターが肌に触れる感覚に気づくように仕向けたりして、遊び心をもってその状態に移ることを促すこともある。このように意識を集中させると、体の今の状態に意識を向けることができ、思考が働いている状態を抜け出しやすくなる。

(2)さまざまなバリエーションを用意した中心部
カイウトヨガの指導者は100以上のシークエンスを指導できるうえ、バリエーションを加える方法も数多く把握している。この多元的な取り組み方が、カイウトヨガの重要な要素となっている。(ポーズの順番や保持する時間、利用するプロップ、指導者の声の調子などを変えて)刺激を変化させると、体はそれにうまく適応するようになり、ひいては、美しく年を重ねることにつながっていく。
カイウトヨガの典型的なシークエンスでは、体の硬いところや自由に動かないところに狙いが定められる。たとえば、以下のページで紹介するシークエンスは、股関節のなかで太腿を外旋させながら観察したり動いたりすることと、この外旋させる能力を維持または向上することが狙いとなっている。カイウトヨガでは、床に横になった姿勢と椅子に座った姿勢でこの股関節の外旋の可能性を探る。脊柱のおき方を変えることによって、動きに変化が生まれ、重力が体に及ぼす影響も変化する。
カイウトヨガでは、指導者がポーズとポーズの間に起き上がったり、周囲を歩いたりするように誘導することがある。このような動きを入れると、脳は体がおかれている新たな状態を組み入れることができる。また、このときに覚える身体的感覚と精神的感覚は、日常生活でも参考になる。

(3)終結部
緊張をゆるめて練習の効果を受け取れるように、どのクラスにもシャヴァーサナで休む時間がある。シャヴァーサナを終えたら、床に座り、両手のひらを胸の中央で合わせてクラスを終える。

初心者へのアドバイス

(1)地道に続けよう
体と心がこの方法に慣れるように、週3回練習することを目指そう。

(2)自分自身とつながろう
過度に練習しても練習不足になってもいけない。体と呼吸に波長を合わせれば、過不足に気づくことができる。

(3)自分に優しくしよう
ポーズが精神的、身体的または感情的に難しく感じられる場合は、自分自身に対して辛抱強く思いやりの気持ちを向けよう。

by Francisco Kaiuto
photos by Guiherme Pupo, Eleanor Williamson
model by Craig Heneveld
translation by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.73掲載

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
「カイウトヨガ」の可能性を探ろう
カイウトヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する