【休息の正解】寝る前におすすめのお休みヨガポーズ|抑えておきたい3つのポイント

Adobe Stock

【休息の正解】寝る前におすすめのお休みヨガポーズ|抑えておきたい3つのポイント

一日の心身の疲れをやわらげて心地よく眠るために行うお休み前のヨガの定番ポーズ、チャイルドポーズ、ねじりのポーズ、壁に脚を上げるポーズ(ヴィパリタカラニ)。効果を得られるために気をつけたいことをおさらいしてみましょう!

チャイルドポーズ

child
Photo by Yoga Journal US

腰回りをやさしくストレッチしてリラックス効果のあるポーズですが、上半身を深く倒す(額を床につける)ことを目指してしまったり、頭の重さにつられる、膝の負担を避けようするなどでお尻がかかとから浮いてしまうことがあります。お尻を安定させることを優先して、腰から背中にかけての気持ち良い伸びを感じられるようにしましょう。

上半身をあまり倒せない時はおでこの下にブロックなどを置いたり、胸とお腹の下に複数の枕やボルスターを置くなどして高さをつける、膝に痛みがあってお尻をかかとに下ろすのがつらい時はクッションなどに座るなど、心地よくポーズをとれる方法を選んでください。

childpose_2
Photo by Yoga Journal US

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

child
childpose_2
seatedtwist
twist_NG
viparitakarani
viparitakarani_chair
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する