Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】12星座共通/12月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】12星座共通/12月の運勢

Saya
Saya
2020-12-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

マインドフルネス占星術
maegamimami

11/30にふたご座で満月&月食が起こってから迎えるのが12月です。愛と美の星・金星がさそり座にある中でのふたご座の月食。ふたご座の「伝える」「情報がわかる」性質が強く現れそう。

12/2に思考や伝達の星・水星がいて座に入ると、考え方がかなりオープンに。12/15のいて座の新月&日食、12/16の金星のいて座入りを経て、さらに、いて座的な明るさや期待感、楽観的なムードが世の中に広がっていきます。

もうひとつ大きな星のイベントは、12/17には現実化やルールの星・土星、12/19には拡大と保護の星・木星がやぎ座を去り、みずがめ座に入ること。それまでは土星・木星だけでなく、変容の星・冥王星もやぎ座にあったので、物質的なものに価値を置いていたかもしれません。でも、12/22にみずがめ座で土星と木星が邂逅するグレートコンジャンクションが起こると、意識が大きく変わります。「自由・平等・博愛」を求める気持ちが強くなるのです。

ただ、12/21の冬至には太陽や水星がやぎ座に入るので、古いままの現実と新しい意識の間でギャップに苦しむこともあるでしょう。理想と現実の狭間で、よるべない気持ちになることも。30日には家族を表すかに座で満月があるので、家族や故郷を求める気持ちが強くなりそうです。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する