ヨガからわかるタイプ別診断:自分のクセをみつけて改善しよう

ヨガからわかるタイプ別診断:自分のクセをみつけて改善しよう

LAUREN TAUS
LAUREN TAUS
2018-02-09

新年の抱負は決まっただろうか。特に新年の目標としてでなくても、何か新しい挑戦を考えているだろうか。「自分のプラクティスをよく観察し、自分の目標をはっきりさせよう」と提案してくれたのはヨガ・ジャーナルのインフルエンサーであり、心理学者であるローレン・タウス。ヨガにとどまらず生活や人生のすべてに当てはめられる目標となるはずだ。

新年というのは新しいことが始まる空気が満ちていて、自信につながるような本当の目的を見つけやすい。自分の関わっている様々なもののなかで、もっと改善したり、前進させたりといったことを必要としている領域が何なのか、すでにはっきりしている人もいるだろう。だが、そういう人たちでも、アーサナのプラクティスのなかに自分が進むべき方向や、くみ取るべき深い知恵がたくさん隠されているということには気づいていないかもしれない。私は10年以上ヨガを教える経験を積んできた。そのなかで、人の動きはいくつかのタイプに一般化することができることに気づいた。ヨガ講師であると同時に、私はクリニック勤務のセラピストでもある。その経験から分かったことは、体の動きのタイプは、それぞれ特定の性格と関連していることが多いということだ。以下に挙げるどのタイプに自分が当てはまるか(ひとつでも、複数でも)見てみて欲しい。これまでの決まったパターンにシンプルな変化をひとつ加えることで、毎日がもっと楽しく、充実したものへと開けていくかもしれない。

せっかちタイプ

ヨガポーズ
せっかちなヨギは力の必要なプラクティスや、暖かくした部屋で行われるヨガでよく見られるタイプだ。このタイプのヨギは、姿勢をキープすることに難しさを感じている。行動的なところもありながら受け身的。このタイプは男女問わず、チャトランガ・ダンダーサナ四肢で支える杖のポーズ)や腹筋、腕バランスといったポーズを余分にやりがち。このタイプのヨギの多くにとって、亡骸のポーズシャヴァーサナ)は、ヨガで得られる利益のなかでも下位に位置づけられるだけでなく「完全な時間の無駄」とすら考えられていることも度々である。「せっかちなヨガ」タイプの生徒たちは、クラスが終わる前に早々と立ち去ったり、あるいは横になるときに目を見開いたままだったり、レッスンの後で今日は何をしようかと計画を立てていたりする。

自分のことのように思えた人は

もし当てはまれば、次の描写についても「自分だ」と思うかもしれない。
いつも何かをする途中?
なかなか物事に満足できない?
寝付くのが難しい?

あなたにぴったりの目標は

もし上に挙げた質問への答えがイエスなら、あなたは「ペースを落とすこと」を目標にすると良いだろう。注意:これがなかなか簡単ではない。自分自身に優しくなろう。ゆったりとできる場所を確保して、この変化に向かってリラックスして欲しい。瞑想とリストラティブヨガは「せっかちなヨギ」のための素晴らしい目標となる。これらは「速度」や、あるいは倒立のポーズよりもっと多くをあなたにもたらしてくれるはずである。

Translated by Miyuki Hosoya

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガポーズ
タイプ別
タイプ別
タイプ別
タイプ別
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する