五感で楽しむ秋の過ごし方|健康に暮らすためのアーユルヴェーダの知恵とは

Getty Images

五感で楽しむ秋の過ごし方|健康に暮らすためのアーユルヴェーダの知恵とは

HIKARU
HIKARU
2019-10-10

ヨガ講師でアーユルヴェーダカウンセラーとしても活動するHIKARU先生に、アーユルヴェーダの知恵を借りて、日々を心地よく過ごすヒントを教えていただきます。今回のテーマは「五感で楽しむ秋の過ごし方」について。

五感で秋を楽しもう!

“芸術の秋”と言われるように、感覚が冴え、クリエイティブな気持ちにさせてくれる季節の到来です。

生命科学であるアーユルヴェーダでは、生活のリズムや食事の取り方だけでなく、5つの感覚器官を有意義に働かせることも健康を増進する大切な鍵を握っていると考えています。今回は、五感で秋を楽しむ方法をお伝えします。

季節の花や紅葉で喜ぶ感覚は、まずは視覚でしょう。日頃通り過ぎている近所にも少し意識を向けると、季節を楽しめる自然を見つけられるかもしれません。ちなみに私の自宅前には、大きなイチョウの街路樹があります。だんだん色づいて来る変化を見るのが、秋の外出時の一つの楽しみになっています。ただし、スマホやパソコンの画面を見続けるような現代生活の中では、視覚は最も酷使されている感覚とも言えることでしょう。通常起きている間には、あえて意識をしない限り、目を閉じるという行為はないそうです。仕事や家事で次の作業に取り掛かる前や、トイレ休憩の時、電車での移動時を利用して、そっと目を閉じます。日中に思い切って目を閉じ、視覚を休めてあげてください。たとえ1分程度でも、ホッと一息つけることでしょう。

自然を観察する時には、聴覚も同時に楽しませることができます。葉が擦れ合う音や落ち葉の上を歩く音、花から花へと蜜を探し求める昆虫達の羽音に意識を向けてみるのもおもしろい遊びです。イベントやコンサートに出かけて、お気に入りのアーティストの演奏をライブで堪能するのもいいですね。

疲労が溜まっている時には、聴覚が過敏になると言われているので、いつもは気にならないような音が耳障りに感じたり、どうも他人の言葉に振り回されるような時には、お風呂にゆっくり浸かってから早めにお休みになることおすすめします。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する