ウッティターハスタパーダングシュターサナ
(足の親指をつかんで伸ばすポーズ)
Extended Hand-To-Big-Toe Pose

ウッティターハスタパーダングシュターサナ

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

タダーサナ(山のポーズ)から、左膝を腹に引き寄せる。

2

左腕を左腿の内側に伸ばして、足首の前から左足の外側をつかむ。ハムストリングスが硬い場合は、ストラップの輪を左の足裏にかけて持つ。

3

立ってる脚の太腿前側の筋肉を引き締めて、腿の外側を内側へ押す。

4

息を吸いながら左脚を前に伸ばしていく。膝をできるだけまっすぐに。安定していたら、 脚を外側へ伸ばしていく。絶え間なく呼吸する。呼吸には集中力が必要だが、バランスをとる手助けをしてくれる。

5

30秒ホールドする。吸う息で脚を真ん中に戻し、吐く息で足を床に下ろす。反対側を同じ長さで繰り返す。

その他の効果

足首と脚の強化・脚の裏側のストレッチ・バランス感覚の向上

禁忌および注意すべきこと

足首か腰に故障がある場合

ビギナーへのヒント

上げた足を椅子の背に(ブランケットをかけて)置いて支えると、このポーズを長めにホールドすることができる。椅子は壁から数センチ離したところにセットして、上げたかかとで強く壁を押す。

関連記事