「足全体がなんとなくだるい…」梅雨時期特有の"足の重だるさ"を解消する簡単壁ヨガ3ポーズ

Adobe Stock

「足全体がなんとなくだるい…」梅雨時期特有の"足の重だるさ"を解消する簡単壁ヨガ3ポーズ

足のむくみや重だるさを感じる人は多いですが、梅雨の時期も体がむくみやすくなります。仰向けのままで楽にできるヨガで足の疲れやむくみを解消してみませんか?

低気圧による影響

梅雨の時期は低気圧の影響で自律神経が乱れやすく、それによって血液を含めた体内の水分がうまく循環しなかったり、雨で外出が減って歩く機会が減ることでむくみの原因になります。晴れの日が少ないと何となく気分が冴えず、体を動かすことがおっくうに感じてしまうこともあるでしょう。体を動かすのは面倒、でも重だるな足はどうにかしたいという人におすすめの壁を使ったヨガをしてみましょう。

Photo by Roberto Nickson on Unsplash
Photo by Roberto Nickson on Unsplash

脚を壁に上げたポーズをしてみよう

効果

足を高い位置に置くことで血液やリンパの巡りが促されて脚の疲れやむくみを解消する効果があります。また、座って行う時よりも股関節まわりのストレッチがやりやすくなります。

準備

壁の前にヨガマットか折りたたんだブランケットを敷きます(ヨガマットの短い方を壁につける)。硬い床の上で行う場合はヨガマットの上にブランケットを敷いて厚みをつけると心地よく仰向けの状態でいられます。

壁に脚を上げるポーズ(ヴィパリタカラニ)

ヴィパリタカラニ
Photo by Kayoko Yoshida

やり方:
1. 片方のお尻を壁につけて座った状態から仰向けになって脚を壁にあげ、お尻を壁に近づけた状態を保つ。

ヴィパリタカラニ準備
お尻を壁に近づけると脚をあげやすくなります。

2. 両腕は胴体の横に置いて手のひらを上に向け、肩を耳から遠ざけるようにする。床によっては手の下にもタオルやブランケットなどを敷いて手の甲も心地よく休めるようにする。
3. 目を閉じて3-5分程キープする。

開脚

座って行うと背中が丸くなって姿勢が崩れがちですが、仰向けでは背中が平らなまま自分のできる範囲で脚を開くことができます。

壁を使った開脚
楽にいられる幅を選びましょう。

やり方:
1. ヴィパリタカラニが終わったらそのまま足を横に開く。大きく開こうとせず脚の重さに任せるだけにして2-3分ほどキープする。
2. 終わったら両手で太ももの外側を支えてゆっくりと脚を戻す。

片脚を曲げる

開脚の後は脚を閉じる動きもしておきましょう。お尻周りもストレッチされます。

ヴィパリタカラニバリエーション
Photo by Kayoko Yoshida

やり方:
脚を伸ばした状態から右膝を曲げて右の足首を左の膝の近くに乗せ、両脚で4の字を作ってポーズをキープ。終わったら右脚を伸ばして左脚を曲げて同様に行う。

終わったら両膝を抱きかかえ、背中を床の上でマッサージするように左右にゆっくりと揺れてから起き上がる。

ポーズ中は足先の冷えに注意

部屋の中が寒くなくてもポーズの最中に足先に冷えを感じることがあります。特に冷え性の人はしめつけの少ない靴下を履いたり、足のまわりにタオルをかけておくなどして、足先を冷やさずに心地よくいられるようにしましょう。

一度仰向けになってしまえばあとは脚を動かすだけなので楽に行うことができます。重だるさは放置せずにこうした簡単ヨガでこまめにケアをしてみてください。

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Photo by Roberto Nickson on Unsplash
ヴィパリタカラニ
ヴィパリタカラニ準備
壁を使った開脚
ヴィパリタカラニバリエーション
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する