腰痛とぽっこりお腹の原因!反り腰に注意したい3つのヨガポーズ

Adobe Stock

腰痛とぽっこりお腹の原因!反り腰に注意したい3つのヨガポーズ

女性に多いと言われる反り腰は腰痛、ぽっこりお腹、むくみなどの原因にもなり、ヨガのポーズでも無意識のうちに反り腰になりやすいものがあります。体に負担をかけないポーズの取り方を知っておきましょう。

反り腰のデメリット

ヒールの高い靴を履く、運動不足による筋力の低下などによっておこる反り腰。腰椎が圧迫されることによる腰痛やぽっこりお腹の原因にもなります。そして、反り腰の状態でヨガポーズを続けることで知らず知らずのうちに腰に負担をかけてしまうこともあるため注意が必要です。

belly
Photo by Canva

骨盤の後傾を体感してみよう

反り腰は骨盤が前傾している状態です。反り腰を防ぐポーズの取り方を練習する前に反り腰と反対の状態(=骨盤が後傾している状態)を猫のポーズで感じてみましょう。

cat
Photo by Yoga Journal US

やり方

1. 四つん這いになり、手を肩の真下について五本の指をしっかり開き、膝はお尻の真下に。

2. 息を吐きながらマットを押して少しずつ背骨を丸めていき、尾骨を床の方へ向ける。目線を徐々におへその方に向ける。

3. 腰椎の間にスペースを作るようにしながら呼吸をする。

反り腰になってきたと感じたら骨盤を後傾させるこの動きを思い出して、前傾した骨盤をニュートラルな状態に戻しましょう!

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

plank_NG
plank
chair
chair_NG
tadasana
cat
belly
腰痛とぽっこりお腹の原因!反り腰に注意したい3つのヨガポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する