寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド

Sayaka Ono

寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド

疲れが取れず、寝起きがツラい!それはもしかしたら、ほんの少しの睡眠不足が、借金のように蓄積されていく「睡眠負債」かも。「夜はリラックスできる動きで、副交感神経を優位にすると深い眠りを得られます。また血行を良くし体の深部体温を上げると、寝入りがスムーズに。」と語るのは明治薬科大学准教授の駒田陽子先生。就寝の1時間~1時間半前にリラックスヨガを行い、体をお休みモードに切り替えましょう。今回は「交感神経を軽く上げる」ポーズをご紹介します。

副交感神経を優位にして朝までぐっすり。夜のリラックスヨガポーズ2つ

副交感神経を優位にするにはまず、大きく動いて交感神経を少し高めるのがコツ。バランスをとろうとする機能が働き、副交感神経優位にシフトしやすくなります。

1.片脚のダウンドッグのアレンジ

ダイナミックに脚を動かし、全身の筋肉をパワフルに働かせます。

やり方

1.ダウンドッグの姿勢をとる。左足のかかとを上げ、右脚は下に向けたまま、できるだけ高く上げる。

寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
photo by Sayaka Ono

2.両手で床を押しながら右膝を曲げる。腰が反らないように、背中は真っすぐ伸ばして。

寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
photo by Sayaka Ono

3.膝を胸に引き寄せながら、肩を手の真上へ。この動きを3回繰り返し行って。反対側も同様に。

寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
photo by Sayaka Ono

photos by Sayaka Ono
illustrations by Nanayo Suzuki
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
寝る前5分で朝まで快眠|副交感神経を優位にする2つのメソッド
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する