寝不足で老化が進む?美肌へ導く良質な睡眠のためのメソッド【ヨガとアンチエイジング#5】

Getty Images

寝不足で老化が進む?美肌へ導く良質な睡眠のためのメソッド【ヨガとアンチエイジング#5】

井上敦子
井上敦子
2020-01-08

クマ、くすみ、毛穴の開き、顔むくみ…寝不足の翌朝、鏡に映る顔が老けて見えたことはありませんか?。睡眠不足は見た目だけでなく、体内の老化を招く原因にもつながります。今回は、アンチエイジングには欠かせない「質の良い睡眠」を得る方法をお伝えしていきます!

質の良い睡眠がもたらす3つのアンチエイジング効果

質の良い睡眠は、以下の3つのアンチエイジング効果をもたらします。

1.美肌効果:ダメージ修復&肌代謝を整える

肌の状態と睡眠は深く関係しています。日中、外部の刺激にさらされた私たちの肌は、少なからずダメ―ジを受けています。ダメージを受けた肌細胞を修復・再生し、肌代謝=ターンオーバーを整えてくれるのが、質の良い睡眠です。

睡眠不足で、ニキビや吹出物、目の下のクマなどができてしまった経験はありませんか?これは、肌代謝の乱れが原因です。健康な肌は、28日周期で新しい肌に生まれ変わります。この周期が遅れると、古い角質が残ったまま肌の表面が固くなりシワやくすみの原因になるのです。美肌のためにも、睡眠の質を高めていきたいものですね。

2.ダイエット効果:ホルモン分泌を整えて食欲をコントロール

寝不足のとき、チョコレートや甘いものを欲した経験はありませんか?睡眠不足だと、甘いものや、炭水化物など高カロリーのものを欲する傾向があるといわれます。睡眠時間の短い人は、長い人よりも肥満である場合が多いという調査結果もあるそうです。睡眠時間が短いと、食欲を調整するホルモンのバランスが崩れ、太りやすい体型に。また、食欲を抑えるホルモンの分泌も減ってしまいます。

質の良い睡眠を取ることで、食欲中枢が整っていきます。ダイエット中は特に、きちんとした睡眠を心がけましょう。

3.脳のアンチエイジング効果:脳疲労を解消し、脳の老化・認知症を予防

身体と同じように、脳も老化していきます。物忘れが多くなったり、思考の巡りが悪くなったり。日常のふとした瞬間に、脳の老化を感じる方も多いのではないでしょうか。質の良い睡眠は、脳を修復・回復させるためにも欠かせません。睡眠時間が短いと、アルツハイマー病などの認知症の発症が増えるということも知られています。日中の脳疲労をきちんと取り除き、脳を休ませ、脳の老化も防止していきましょう。

これらの効果を最大限に得るためには、ただ眠るだけでなく「良質な睡眠」をとることが大切です。この記事では、睡眠とアンチエイジングの関係性、良質な睡眠を得るためのメソッドをお伝えしていきます。

ところで、睡眠はなぜこれほどまでにアンチエイジングの効果があるのでしょうか?

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する