木のポーズで脚が開けない!仰向けストレッチと日常的アドバイス

AC acworks

木のポーズで脚が開けない!仰向けストレッチと日常的アドバイス

アドバイス2:日常生活で膝を開く時間を増やしましょう

立位より安定感のある座位で膝を開く練習を。テレビを見るときなど合せきで座ると徐々に内転筋がほぐれ膝が開きやすくなります。力ずくではなく重力に任せて行いましょう。(近藤先生)

合せきのやり方
1.合せきは立て膝で両膝を曲げてから開くと膝への負担減。

木のポーズで脚を開くのがツラい!仰向けストレッチと日常的なアドバイス
photo by Kenji Yamada

2.腿の開きが左右アンバランスな場合はタオルを入れて調節。 

木のポーズで脚を開くのがツラい!仰向けストレッチと日常的なアドバイス
photo by Kenji Yamada

アドバイス3:うつ伏せでポーズをとり重力を使いストレッチを

うつ伏せになって、片膝を曲げて木のポーズを。20~30秒キープを2~3セット行ってください。慣れてきたら2分位キープ。仰向けの合せきで寛ぐのも効果的です。(タダヒコ先生)

教えてくれたのは…
西浦りさ先生
アクロヨガジャパン代表。2008年から指導を始め、2013年ACRO YOGA JAPANを立ち上げ、アジアで唯一のアクロヨガの正式指導者(レベル2)となり、国内外を問わず活躍中。

近藤真由美先生
アシュタンガヨガとの出会いをきっかけにヨガの道に入り、国内外の師のもとで、さまざまなスタイルのヨガを深める。現在は「アンダーザライトヨガスクール」で指導者の養成にもあたっている。全米ヨガアライアンス認定講師。日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士。

タダヒコ先生
スタジオ・ヨギー ヨガインストラクター、某ヨガスタジオのプログラム監修やオーディション審査、指導者の研修指導などを行う。

  • 2
  • /
  • 2

photos by Kenji Yamada
text by Ai Kitabayashi,Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

木のポーズで脚を開くのがツラい!仰向けストレッチと日常的なアドバイス
木のポーズで脚を開くのがツラい!仰向けストレッチと日常的なアドバイス
木のポーズで脚を開くのがツラい!仰向けストレッチと日常的なアドバイス
木のポーズで脚を開くのがツラい!仰向けストレッチと日常的なアドバイス
木のポーズで脚を開くのがツラい!仰向けストレッチと日常的なアドバイス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する