寝つきが悪い夜に「ヨガニードラ」で睡眠の質を高める方法

Getty Images

寝つきが悪い夜に「ヨガニードラ」で睡眠の質を高める方法

石上友梨
石上友梨
2019-10-21

なかなか眠れない…寝てもすぐに目が覚めてしまう…と悩むことはありますか?睡眠に悩む方はとても多いです。本日は睡眠の質を高める方法「ヨガニードラ」を紹介します。

日本人は睡眠不足に悩んでいる!

睡眠不足はまさに国民病ともいえます。睡眠になにかしらの不満や不安を抱えている人は国民の5人に1人と言われています。朝早くから夜遅くまで仕事をしたり、長時間通勤だったり、スマホやパソコンなどのブルーライト、カフェイン、アルコール、運動不足、緊張、不安、ストレス社会などなど、私たちの日常生活には睡眠不足になる要素がたくさん潜んでいます。これだけ睡眠不足になるリスクが高ければ、しっかりと対策を取らないと睡眠不足になってしまいます。

それでは、睡眠はそもそも何のために必要なのでしょうか?

睡眠は、疲れを回復するために存在します。疲れを回復する唯一の手段が睡眠なのです。睡眠によって身体だけでなく、脳も疲れを回復します。現在社会では私たちは脳をたくさん使います。睡眠不足ということは、うまく疲れを回復できていない状態です。

睡眠不足は疲れを回復できないだけではなく、うつの原因になることもあります。質の高い睡眠は、身体も脳も回復し、うつ病の予防にもなります。

しかし、眠りたいと思ってもなかなか寝付けない時があると思います。睡眠の質を高めるためにおすすめの方法がヨガニードラです。

眠りのヨガ、ヨガニドラとは?

ニドラとは、サンスクリット語で「眠り」という意味になります。そのまま訳すと、ヨガニードラは「眠りのヨガ」となります。

眠りという名前がついていますが、本当に眠るわけではなく、意識と無意識の真ん中あたりに意識を保ちます。ヨガニードラは、心も体も深くリラックスした状態を作り出す瞑想法の一つと考えられています。睡眠の質を高め、心も体もリラックスし、全身の血流を良くし、痛みが軽減したり、自律神経やホルモンのバランスを整え、免疫機能も促進します。

ヨガニードラシャヴァーサナ(お休みのポーズ)で行います。ヨガをやっている方にはお馴染みの、クラスの最後に行う仰向けのポーズです。慣れ親しんだポーズだからこそ取り組みやすいと思います。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する