夏バテしない体を作るライフスタイル「朝・昼・夜の過ごし方」を見直そう

Getty Images

夏バテしない体を作るライフスタイル「朝・昼・夜の過ごし方」を見直そう

須藤玲子
須藤玲子
2019-07-31

年々暑くなる夏。「眠れない」「疲れが取れない」「食慾がない」「やる気が出ない」など、猛暑や熱帯夜、昼夜問わず暑い日が続くと、夏バテの症状を訴える人が増えてきます。暑い夏をできるだけ快適に過ごすためにはどうしたらいいのでしょうか?毎年のように夏バテには〇〇が効く!〇〇を食べよう!などこのシーズン特有のブームが起こることからもわかるように、みんなが気になる夏バテ問題。夏バテしないライフスタイルとは?おススメの過ごし方を紹介します。楽しい夏を満喫するための参考にしてみて!

夏バテの原因

高温多湿になる日本の夏。普段は元気な人も、何となく体がだるかったり、食慾が落ちたり、気力、体力の低下など、夏に起きる身体の不調が夏バテです。夏バテが起きるメカニズムは様々ですが、日々の生活習慣に関わることが多いと考えられています。どんなことが原因になっているのでしょうか?

1.運動不足

普段は定期的に運動をしている人でも、夏の熱い時期には身体を動かすことが億劫になり、ついサボりがちに・・・。人の身体は、もともと暑い時期には汗をかくことで自動的に体温を一定に保つ機能があります。運動する機会が減り外に出る頻度も低くなると、汗腺の働きも衰え、夏でも汗をかきにくい身体へ・・・。しだいに体温調節機能の低下や自律神経のバランスが乱れ、運動不足による夏バテを引き起こすことに。

2.温度差

エアコンが効いた室内と猛暑の屋外の温度差もまた、体温調節機能や自律神経に影響を与えるため、夏バテの原因になると言われています。目安は5℃と言われており、それ以上の温度差には要注意!エアコンの使いすぎにより必要以上に身体が冷やされてしまうと、内臓機能に影響が出る可能性があります。胃腸の不調により食慾が落ち、全身の倦怠感につながり、夏バテを引き起こすのです。

3.睡眠不足

コンクリートジャングルと言われる現代では、夜になっても気温が下がらず、夏になると熱帯夜が続くことが多々あります。暑さで質のよい睡眠がとれない日々が続くと、慢性的な睡眠不足に陥り、1日の疲れを解消できなくなります。放置すると、疲労が蓄積されて昼間の倦怠感が続き、やる気が出ないなど負のスパイラルへ・・・。結果、夏バテに繋がってしまうのです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する