気付くと猫背のあなたにオススメ!猫背改善ヨガポーズ2選

Getty Images

気付くと猫背のあなたにオススメ!猫背改善ヨガポーズ2選

第一印象にも影響してくる姿勢。誰しもが綺麗な姿勢に憧れてしまいますが、綺麗な姿勢をキープしようと思うと想像以上に筋肉を使い途中で挫折してしまうこともしばしば。楽な姿勢を求めた結果、猫背になってしまう人も多いのではないでしょうか。そんな猫背癖がついてしまっているあなたにオススメのヨガポーズをご紹介します。

猫背になってしまう原因って?

猫背を引き起こしてしまう原因の1つとして、同じ姿勢での長時間のデスクワークやスマートフォンの長時間使用が挙げられます。どちらの姿勢も重い頭が前に出て、肩は内側に入り、背中が丸まっている状態になっています。この姿勢を続けていると本来使うべき腹筋・背筋を使えず筋肉が衰えていき、背骨を支える筋肉が弱くなり猫背へと繋がってしまいます。猫背の状態は体にとって無理な姿勢と言える為、肩こり腰痛を始め呼吸が浅くなりやすかったり、体の疲れを感じやすくなります。私たちにとってメリットが全くない猫背。改善するにはどんなヨガポーズが良いのでしょうか?

凝り固まっている肩回りの筋肉をほぐしてあげよう

ここからは猫背を改善しやすくしてくれるヨガポーズをご紹介していきます。まずは仕事場や外出先でも行える、肩回りの筋肉をほぐしてくれるポーズです。

①     立っていても、椅子に座っていてもどちらでも構いません。どちらも背筋をすーっと伸ばしてください。

②     両手を肩の高さまで上げます。指先は上向きです。その指先を自分の顔と同じ向きにしながらくるっと返し、背中の後ろで手のひら同士を合わせて合掌します。

③     手のひら同士が届かない場合や、手首が痛い場合には無理に手のひらを合わせようとはせずに、それぞれの手で肘を掴んであげて下さい。無理をし過ぎると手首を痛めてしまうので気を付けて下さい。

④     肩の骨(肩甲骨)を自分の中心に引き寄せるようなイメージでじわーっと肩回りの血行を良くしてあげましょう。

このポーズをヨガではパスチマ・ナマスカラと言います。場所を選ばずに行えるため、ご自身で肩回りをほぐしたいなと思った時にやってあげると良いでしょう。最初は合掌が出来なくても、徐々にほぐしていくうちに手のひら同士を合わせることが出来るようになります。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ウッターナシショーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する