誰でも自然にやっている?!意外と身近な「瞑想」のやり方

Getty Images

誰でも自然にやっている?!意外と身近な「瞑想」のやり方

須藤玲子
須藤玲子
2019-07-24

最近は、仕事の効率化を図る目的やメンタルヘルスケアの一環として、積極的に瞑想を取り入れる企業が増えてきました。「自分には難しいのでは?」と、つい構えてしまいがちな瞑想ですが、実はとても一般的で日常生活の中に普通に存在していること。瞑想をしたことがないと思っている人も、気づかないうちに自然にやっていて、もう経験済みかもしれません。自分で思うよりずっと身近な瞑想とは、具体的にどんなことでしょうか?

瞑想とは

一言で言うなら、瞑想=意識を整えること。やり方はいろいろありますが、どんな方法でも、呼吸を整えて自分に意識を向け、自分と向き合うことに変わりはありません。瞑想をすると心身共にリラックス状態となり、ストレス解消、また、脳の疲労をやわらげて記憶力や集中力を高める効果もあると考えられています。そのような点から、ストレス過多といわれる現代人に必要なこととして注目されているのです。そして、意識を整え自分と向き合うという基本的な瞑想は、すでに日常生活の中に根付いており、案外身近なものなのです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する