せっかく学ぶなら…国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう

UTL

せっかく学ぶなら…国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう

ヨガアライアンスRYT200取得を目指すなら、修了者数が全国No.1のUTLで! 本物の知識&技術が身に付きます。

7/9スタート! RYT200一括受講コースでヨガインストラクターを目指そう

短期間でRYT200取得を目指すプランです。RYT200の取得に必要な6つの講座(TT1、TT2、TT3、AKIC、AMIC、ATIC)を一括で申し込むことができるので、効率的かつお得に資格が取得できます。

一括受講コースがおすすめの理由は?

一括払いでお得
一括受講(499,999円)なら、分割受講(572,500円)より7万円以上安い!

短期間で資格取得ができる
あらかじめスケジュールされたとおりに受講するので、6カ月で資格が取れる!

コースごとの予約不要で便利
受講時期のアレンジやコース毎の予約は不要。人気講座を優先的に受講できる!

指導中の「万が一」に備える保険に加入できる
修了後、ヨガ指導中の万が一の事故に備える賠償責任保険に加入できる!

【teacher training data】

開催日程 : 7月9日(土)~ ※詳しい日程はホームページにて確認
受講期間 : 6カ月
開催場所 : オンライン+スタジオ受講 もしくは完全オンライン受講の選択が可能
東京都渋谷区代々木1-53-4 奨学会館別館4F
定員 : 20名
参加要件 : ヨガを始めて1年以上経験があること。
費用:¥499,999

RYT200コースはこんな先生から学べます

国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
HIKARU先生
ヨガ講師、アーユルヴェーダ・カウンセラー。指導者養成コースのリードトレーナーを担当。シヴァナンダヨガ正式指導者。著書も多数。

国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
向井田みお先生
現在も聖典を学び続けながら、哲学、瞑想のクラスを担当。著書に『やさしく学ぶヨーガスートラ』『やさしく学ぶバガヴァッドギーター』ほか。

国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
中村尚人先生
理学療法士として12年間医療業界を経験。ヨガ、ピラティスの資格を取得後、予防医学の啓蒙、実現のためstudio TAKT EIGHTを設立。

『ヨガジャーナル日本版』でおなじみの先生も、実はUTLの卒業生でした!

国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
鈴木修一郎先生
「ヨガハウス秦野」主宰。指導者養成コースでは、解剖学やシニアヨガの講師を担当する。

国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
梅澤友里香先生
各種メディアや大型イベントにも出演多数。UTLではレギュラークラスを複数担当する。

オンライン受講が可能なのは2023年まで! 今、全国から受講する仲間が増えています

コロナ禍にヨガアライアンスが設けた「オンラインでの資格取得が可能」という特別措置が2023年に期限を迎えます。RYT200の受講期間から逆算すると、今がオンライン受講できる最後のチャンス! 名門・UTLでの指導者養成コースが、全国どこからでも受けられます(受講は、通学、オンライン、通学+オンラインの選択が可能)。日本のヨガシーンをリードするヨガ講師から指導を受けられるのがUTLの魅力。詳しくは無料セミナーで!

無料セミナーはLINEで簡単予約! 友だち登録で豪華特典が付いてきます

① LINEで友だち登録
② セミナーを予約
③ セミナーに参加

国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
二次元バーコードからアクセス!

【こんな特典が付いてくる!】
今ならオンラインヨガ「ライブ限定 1week チケット」1,000円OFFクーポンをプレゼント。ライブクラスを無制限でお試しいただけます。予約も不要です。さらに「ライブ限定 1week チケット」を初めて利用の方は、スタジオチケット1枚をプレゼントします!
※クーポンは新規友だち追加の方のみの特典です。

問い合わせ先/UTL
e-mail:ask@underthelight.jp

text by ヨガジャーナル日本版編集部
sponsored by UTL

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

All photosこの記事の写真一覧

国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
国内実績No.1のUTLでRYT200を取ろう
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する