【春の不調を撃退】デトックスの春に最適!自律神経を整え、老廃物の排出を促す「一石二鳥ヨガ」

自律神経を整え、デトックスを促すヨガポーズ

【春の不調を撃退】デトックスの春に最適!自律神経を整え、老廃物の排出を促す「一石二鳥ヨガ」

寒い冬から、少しずつ暖かい日も増えてきましたね。春になると心身ともになんだかすっきりしない…そんな経験はありませんか?季節の変わり目は自律神経のバランスが乱れやすくなっていると言われています。今日は、元気に春を過ごすために心がけたいことのお話です。

広告

寒い冬が終わり、過ごしやすくなる春。新生活で気持ちがワクワクする一方で、身体のちょっとした不調を感じたり、ふと気持ちが落ちこんでしまったり。だるい、眠いなどすっきりしない。それはなぜなのでしょうか?季節の変わり目は自律神経のバランスが崩れやすく、気分のアップダウンも起こりやすくなります。血流やリンパの流れも滞りやすくなり、身体のむくみなどを感じることもあります。そんな不調を和らげるには、自律神経を整え、冬の間に溜め込んだ老廃物を排出することが大切です。

落ち込む
写真AC

春に自律神経のバランスが乱れてしまう原因

季節の変わり目は寒暖差が大きくなります。春は、一年の中でもそれが一番大きいと言われています。日々の気温差はもちろんですが、この一日の中での寒暖差は身体にとってストレスになりやすく、自律神経を崩す原因になります。全身の巡りが悪くなり、気分も落ち込みやすくなってしまいます。そして、春になると多くなるのが新生活による環境の変化です。引っ越しや転職など、環境の変化が心に与えるストレスは大きいものです。気温のような【外からのストレス】と【心のストレス】で、自身が思っている以上にストレスがかかり、それが自律神経の不調につながってしまうことがあります。

さらに、寒い冬の間に運動不足になると、血行が悪くなり、筋力不足から基礎代謝が落ちたりしやすくなると言われています。冬から春にかけての季節の変わり目は、全身の巡りがあまりよくない状態にある可能性も。春になって暖かくなったのに、血行が改善されない…なんてことになってしまいます。

自律神経
AdobeStock

自律神経を整えるために意識したいこと

休みの日はお昼までずっと寝ている…なんてことはありませんか?普段から起きる時間がバラバラになっていると体内時計が狂いやすい状態になってしまいます。体内時計が狂うと、自律神経のバランスを乱す原因につながります。朝はできるだけ一定の時間に起きて朝日を浴び、軽いストレッチなどをして体内時計をリセットしましょう。そして寒暖差に対応できるように、薄着で体を冷やさないように着る物にも気を付けることも大切です。

朝
AdobeStock

春はデトックスに最適な季節

寒い冬は新陳代謝が低下する季節です。山に住む動物たちが脂肪などの栄養分をため込んで冬眠するように、冬場は私たち人間も体内に脂肪や水分をため込もうとします。これらの老廃物は汗や尿として体外に排出されますが、冬には、寒さで体の代謝機能が落ち、体を動かす機会が減り、汗をかくことが少なくなります。さらに水分をとる量が減るので、老廃物が尿として体の外に出ることが少なくなります。結果、体の中に老廃物がたまってしまい、体の不調が起こりやすくなりがちです。春は新陳代謝が活発になる時期なので、溜め込んでいたものを外に出そうとする働きが強まるため、実はデトックスに最適な季節と言われています。旬の春野菜を積極的に食べたり、体を動かしましょう。

広告

AUTHOR

ひるかわえみこ

ひるかわえみこ

劇団四季にて数々の舞台でメインキャストとして出演。ヨガ、フィットネス、エステを学び、現在はヨガインストラクター/モデルとして活動。 自身がダイエットに悩み15キロ痩せた経験から、【自分だけのベストバランスを手に入れる】をテーマに、女性のキレイを応援する動画を配信している。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

落ち込む
自律神経
朝
デトックス
デトックス
デトックス
デトックス
デトックス
デトックス