理学療法士が解説【インナーマッスルの鍛え方】最小限の力でポーズが安定する「腸腰筋エクササイズ」

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

理学療法士が解説【インナーマッスルの鍛え方】最小限の力でポーズが安定する「腸腰筋エクササイズ」

インナーマッスルは、姿勢を正しく保持する筋肉。これらが使えると、アームバランスをはじめ、あらゆるポーズが安定します。まずはヨガに必要な筋肉を鍛えましょう!

インナーマッスルを鍛えポーズを安定させる

「インナーマッスルの定義はさまざまですが、ヨガでカギとなるのは、腸腰筋と多裂筋です」と中村尚人先生。
「これらの筋肉は、真っすぐな姿勢を保持し、伸びる、バランスをとる、側屈するなど背骨の動きに関与。ポーズをキープするヨガでは、これらの筋肉を使わないことはありません。特に腸腰筋は骨盤を起こす筋肉なので、使えないまま動いていると、腰、膝、肩などを痛める原因にもなります。背筋を支える多裂筋とともに鍛えましょう」
一方、骨に近いインナーマッスルは、使っている実感が得られにくく、意識して鍛えるのがとても難しいのだそう。そこで腸腰筋・多裂筋に自然とスイッチが入るワークを伝授!
「多裂筋は背筋を伸ばすこと、腸腰筋は鼠蹊部を引き込むことで働きます。このふたつの筋肉がしっかり働けば、最小限の力だけで安定してポーズがとれるように。アームバランスも力まずできるようになりますよ」

腸腰筋・多裂筋の働き

多裂筋
最も背骨に近く、仙骨から頸椎にわたってついている筋肉。立位、座位、そして多くの運動時に姿勢の維持や背骨の安定を支える。

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
多裂筋

腸腰筋
腰椎と大腿骨を結ぶ大腰筋と、骨盤と大腿骨を結ぶ腸腰筋からなる筋肉。骨盤を起こし、姿勢の維持や歩行、バランス時に必須。

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
腸腰筋

インナーマッスルは真っすぐな姿勢でON

ON
インナーマッスルが働くのは真っすぐな姿勢=覚醒時。骨盤が立って背筋が伸び、肩や首が力まず、安定して座ることができる。

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

OFF
姿勢が悪くなるとインナーマッスルが働かず、靭帯にもたれてしまう。瞑想時に眠くなる人は、インナーがOFFになっているから!

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

「インナーマッスルON」を確認!

背筋を伸ばして鼠蹊部を引くと、インナーマッスルが自動的にONになり体が安定します。下の2つの動きで試してみて。

側屈
脚は肩幅、膝をゆるめて鼠蹊部を引く。両手のひらを返しながら頭上にグッと伸びて側屈。骨盤が安定して胸が開けばインナーが ON、腰が腕と逆方向にずれてしまうときはOFF。

ON

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

OFF

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

プランク
両手を肩の下でつき、両足は揃えてつま先を立てる。頭からつま先を真っすぐ伸ばし、鼠蹊部を軽く引く(お尻が丸くなる)とインナーがON。お腹がだら〜んと下がるとOFF。

ON

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

OFF

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

使っていることを感じられない筋肉なので、正しい姿勢をとって自動的にONすることが大切!

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

最小限の力でポーズがとれるようになる腸腰筋エクササイズ

ワークの前後にダウンドッグのアレンジ(右)を行って、インナーマッスルが働きアームバランスがとりやすくなることを確認!

伸びることで腸腰筋が働くのを感じる

まずは座った姿勢でのエクササイズからスタート。座位は体が安定しやすいので、アウターに無駄な力を入れない状態で、インナー マッスルにアプローチできます。背骨が「伸びていく」という感覚をインプットして。

ON

基本の姿勢
椅子に座りつま先を立て、両手を頭の後ろで組む。鼠蹊部を軽く引き、上体をやや後ろに傾け、頭を遠くに引っ張る。

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
基本の姿勢
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

基本の姿勢から、交互に膝を持ち上げる。各10回。

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
各10回
頭を遠くへ伸ばす/鼠蹊部を引く
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

NG
骨盤が後傾し腰や背中が丸くなると、鼠蹊部が引き込めず、腸腰筋が働かない。

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) 

教えてくれたのは…中村尚人先生
理学療法士、ヨガインストラクター。TAKT EIGHT主宰。臨床の知識と経験を生かした指導で人気。医療とボディワークの融合、予防医学の確立を目指す。オンラインレッスンも好評。

モデル…池田莉子さん
モデル・ヨガインストラクター・アロマアドバイザー。19歳で指導資格を取得。雑誌や広告、CM、ファッションショーなどで活躍するとともに、ヨガの魅力を広く楽しく伝えている。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
illustrations by Misako
text by Kyoko Nagashima
yoga journal vol.74

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
ヨガに必須!インナーマッスルの鍛え方
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する