後屈が苦手に感じる4つの理由と上達のためのおすすめヨガポーズ

Adobe Stock

後屈が苦手に感じる4つの理由と上達のためのおすすめヨガポーズ

胸・肩まわりが硬い

上向きの弓のポーズで腕を後ろに回しづらく感じたことはありませんか?後屈は胸を開くポーズでもあるため、開きやすくするためには大胸筋などの胸の筋肉、そして胸につながる肩まわりのしなやかさも必要です。猫背も胸の硬さの原因になるので、日ごろの姿勢に気をつけることも忘れずに。

ゴムカアーサナ(牛の顔のポーズ)

ゴムカアーサナ
Photo by Yoga Journal US

やり方

1. 床、または椅子に座り、右腕を頭上に伸ばして肘を曲げ、指先を背中へ。
2. 左腕を正面に伸ばして親指を下に向けて腕を内側に回転させ、そのまま後ろへ回して肘を曲げる。
3. 左右の手を掴むか、届かなければヨガベルトやタオルを使う。
4. 目線を正面に向けて、胸のスペースを広くとった状態で呼吸を続けてポーズをキープ。反対側も同様に行う。

背筋が弱い

胸を開くためには反対側にある背筋のサポートも必要です。胸を開きつつ背筋も使っていることを感じられるようにしましょう。

バッタのポーズ(シャラバーサナ)

バッタのポーズ
Photo by Yoga Journal US

やり方

1. うつ伏せになり、腕は手のひらを上に向けて胴体の横に置き、足はかかとが外側に向かないように足の甲の真ん中が床に触れるようにする。
2. 一度軽く息を吸った後吐きながらおでこ、胸、両腕、両脚を持ち上げる。顎を上げすぎないように注意して、首を長く保つ。
3. 数回呼吸を繰り返して、吐きながらゆっくりとうつ伏せに戻る。チャイルドポーズで休憩して背中をリラックスさせる。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腸腰筋
lowlunge
前ももストレッチ
ゴムカアーサナ
バッタのポーズ
downdog
lowlunge
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する