ヒップアップ効果が高まる!スクワットトレーニングの前に必ずやるべき2つのストレッチ

Adobe Stock

ヒップアップ効果が高まる!スクワットトレーニングの前に必ずやるべき2つのストレッチ

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-05-17

ヒップアップのトレーニングにはかかせないスクワットのトレーニング。これをより楽に&効果的に行うために、トレーニング前に絶対にやってほしい2つのストレッチがあります。すぐに変化を感じられるから、今すぐトライしてみて!

スクワットを行う前にチェック!

ダイエットにもヒップアップにも欠かせないスクワットトレーニング。とーーってもつらいトレーニングですが、つらく感じるのはあなたの骨のゆがみのせいかもしれません。特に、膝を開いて曲げていくスクワット(下記写真参照)では、膝とつま先が同じ方向に向くことが理想です。しかし、膝が外側に開かずに内側に入ってしまうことで、膝まわりへの負担が大きくなり、本当に効かせたいヒップではなく太ももや膝まわりのトレーニングになってしまっていることも。トレーニング前に2つのストレッチを行って骨の位置を整えることで、効かせたいヒップにもっとアプローチできるようになります。さらに、ストレッチで体を整えてからスクワットを行うことで、膝を痛めたり腰痛を引き起こすことの予防にもつながります。

スクワットにオススメストレッチ1
スクワットを行う場合、膝とつま先は同じ向きであることが理想

あなたのゆがみ度チェック!

あなたの骨のゆがみ度がどのくらいか、チェックしてみましょう!

1)足の間にこぶし1個分が入るくらいの空間を開けてまっすぐ立ちます

スクワットにオススメストレッチ2
つま先はまっすぐ前に向けて立ちましょう

2)力を抜いて軽く膝を曲げます

【GOOD】膝がまっすぐ前に曲がり、膝の間もこぶし1個分の空間がある

スクワットにオススメストレッチ3
膝がまっすぐ前に曲がり、膝同士の間もこぶし1個分くらい空間があればGOOD!

【BAD】膝と膝が寄ってきてしまい、膝の間の空間がこぶし1個分より狭くなる、または膝同士がくっついてしまう

女性の多くはこの状態であることが多いです。

スクワットにオススメストレッチ4
膝が少し中央に寄ってきてしまっている状態はBAD!

膝と膝が寄ってきてしまうということは、脚全体が内側にねじれが起きている状態。この状態でスクワットを行うと、膝に大きな負担がかかりケガにもつながりやすくなります。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

スクワットにオススメストレッチ1
スクワットにオススメストレッチ2
スクワットにオススメストレッチ3
スクワットにオススメストレッチ4
スクワットにオススメストレッチ5
スクワットにオススメストレッチ6
スクワットにオススメストレッチ7
スクワットにオススメストレッチ8
ヒップアップ効果が高まる!スクワットトレーニングの前に必ずやるべき2つのストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する