ヨガが確実に上達する!体幹を効果的に鍛える方法

AMANDA FRIEDMAN

ヨガが確実に上達する!体幹を効果的に鍛える方法

TIFFANY RUSSO
TIFFANY RUSSO
2017-10-27

シークエンスで後ろ側のコアを鍛えよう

前面のコアをしっかり感じたところで、いよいよ後屈をやってみよう。腰椎を保護する筋肉を意識的に使うことで、より安全に練習できるはずだ。
まずは四つん這いになって猫と牛のポーズを数回行う。息を吸いながら、肩甲骨の下を体の前面に向かって押し出すようにして、胸を開く。息を吐きながら、手は床を押して、おへそを背骨に向かって引き込む。この背骨の伸展と屈曲を行いながら、腹筋ヨガで恥骨と胸骨を近づけた感覚を思い出そう。次はプランクポーズに入る。四つん這いから、腕を伸ばして手首の真上に肩がくるようにする。両脚を後ろに引いて膝を伸ばし、肩からかかとまで真っすぐになるようにする。恥骨を胸骨のほうに近づけながら、太腿上部を引き上げる。

STEP1.シャラバーサナC バッタのポーズC

体幹 ヨガ
(Photo by AMANDA FRIEDMAN)

うつ伏せになり、骨盤の両端と恥骨をマットにしっかりと押しつけて、ポーズの土台をつくる。ここから、腰から足までを真っすぐに伸ばして、足の甲で床を押し、太腿の内側を空に向けるようにしながら、尾骨をかかとのほうに伸ばす。両腕を後ろに伸ばして指を組み、できるだけ足の方に近づけるようにしながら、胸と足を床から浮かせる。ホールドして少なくとも8回呼吸。

STEP2.パリブルッタウトゥカターサナ ねじった椅子のポーズ

体幹 ヨガ
(Photo by AMANDA FRIEDMAN)

アドームカシュヴァーナーサナ下向きの犬のポーズ)から、両足を前に歩かせて、ターダーサナ山のポーズ)に入る。息を吸いながら両腕を頭上に伸ばし、かかとに体重をかける。太腿を下げてお尻を後ろに引いていき、ウトゥカターサナ椅子のポーズ)に入る。両手をアンジャリムドラで合わせ、息を吸いながら背骨を長く伸ばす。息を吐きながら、左の肘を右の太腿の外側にかける。両足に均等に体重をのせたまま、左の太腿を後ろに引くようにして、右脚でさらに深く座る。恥骨を胸骨に向かって引き上げながら、太腿の内側をマットのほうに向ける。ホールドして5回呼吸し、反対側でも繰り返す。

STEP3.アンジャネーヤーサナ ローランジのバリエーション

体幹 ヨガ 鍛える
(Photo by AMANDA FRIEDMAN)

山のポーズから左足を後ろに引いて、膝を床につける。膝はかかとの真上におき、前の脚と後ろの脚でしっかりと床を押しながら、左の太腿の内側を後ろに向ける。尾骨を床のほうに近づけて、下腹部を骨盤から離すように引き上げる。両手を頭上に伸ばしながら、胸骨の下部を恥骨に近づける。ホールドして5回呼吸。ついていた膝を床から浮かせて、三日月のランジに入り、再び同じ動きを行う。ホールドして5回呼吸をしたらダウンドッグに戻り、反対側でも繰り返す。

Model by Tiffany Russo
Styling by Ashley Turner/Hazen & Pine
Hair&make-up by Michelle Hodnett
Illustrations by Michele Graham
Translated by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版2017年8/9号掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

体幹 コア 解剖図
体幹 ヨガ ニュートラル
体幹 ヨガ 背骨
体幹 ヨガ 
体幹 ヨガ
体幹 ヨガ
体幹 ヨガ
体幹 ヨガ 鍛える
体幹 ヨガ 鍛える
体幹 ヨガ 鍛える
体幹 ヨガ 鍛える
体幹 ヨガ 鍛える
体幹 ヨガ 鍛える
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する