股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ

Yuki Horikawa

股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ

堀川ゆき
堀川ゆき
2019-12-19

5つのストレッチを紹介

フェイスタオルを1枚用意します。あればヨガベルトでもOKです。ストレッチには様々な種類がありますが、今回は反動をつけずにゆっくり伸ばしていく「スタティック(静的)ストレッチ」で行います。ストレッチを行う際のポイントは、

・20〜30秒間キープする
・ターゲットの筋肉が痛気持ちいいと感じる強度で伸ばす
・深呼吸を続ける

この3つです。

1.ハムストリングス

ハムストリングスは、太ももの裏側の筋肉です。タオルの両端をそれぞれ片手で持ち、右足の裏にタオルを引っかけて脚を天井に伸ばしてキープします。この時、膝は伸ばし切らずに少し緩めるのがポイントです。そうすればターゲットのハムストリングスにしっかりストレッチがかかります。

股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
Photo by Yuki Horikawa

2.内転筋群

内転筋群は、太ももの内側の筋肉の総称です。タオルの両端を右手でまとめて持ち、タオルを足裏に引っかけたまま右外側に倒してキープします。

股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
Photo by Yuki Horikawa

3.大殿筋

大殿筋は、お尻の筋肉です。タオルの両端を左手でまとめて持ち、タオルを足裏に引っかけたまま左内側に倒してキープします。その脚をさらに床に近づけるか、つま先を顔に近づける方向に持ち上げると更に伸びます。

股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
Photo by Yuki Horikawa

All photosこの記事の写真一覧

股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
股関節の柔軟性UP!理学療法士が教えるヨガ前のタオルストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する