自然と体幹が使えるようになる!「バンダ」を意識するトレーニング

yoga Journal日本版

自然と体幹が使えるようになる!「バンダ」を意識するトレーニング

ムキムキではない、しなやかな筋肉の持ち主の「美筋の秘訣」をご紹介する企画。ヨガインストラクターの高野真利さんは、ヨガで重視されているバンダ(体の特定の部位を締める=体幹の筋肉を使う)に注目。意識しているだけで、筋力強化に大きく貢献してくれます!その実践方法とは?

バンダを締める意識でインナーを鍛える

アシュタンガヨガで必須のバンダバンダを的確に使っていくと、体幹が強化され安定することで、体全体のつながりを感じやすくなります」(高野真利さん)

1.ポーズ時は常にバンダを意識

バンダとは、体の特定の部位を締める=体幹の筋肉を使うこと。骨盤底筋に相当するムーラバンダ、下腹のウディヤナバンダなどがある。

やり方
1.前屈時は、おへそに乗せたボールを避けるイメージでお腹を引き込むと、インナーマッスルに効果的。股関節をつぶさないように。

体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
photo by yoga Journal日本版

2.ウディヤナバンダの感覚をつかむのにいいダウンドッグ。おへそを、背骨に向かって押すイメージで下腿部の筋肉を強化。

体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
photo by yoga Journal日本版

2.苦手なポーズもバンダの意識で安定

背筋や肩甲骨まわりが弱く、安定しなかったピンチャマユーラーサナ。バンダを締めると体幹が安定し、背筋も使いやすく。

体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
photo by yoga Journal日本版

photos by Sayaka Ono,Shoko Matsuhashi,Nobuhiro Miyoshi(RELATION),Kenji Yamada
hair&make-up by Rie Shioya Kyoko Suzuki
text by Megumi Nishijima Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
体幹が使えない人へ|自然と体幹が使える「バンダ」を意識するトレーニング
自然と体幹が使えるようになる!「バンダ」を意識するトレーニング
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する