胸部の柔軟性を高める「みぞおち呼吸」と効果を高める2つの方法

Sayaka Ono

胸部の柔軟性を高める「みぞおち呼吸」と効果を高める2つの方法

硬さは心にも原因が!? 体は脳が持つイメージの影響を受けやすく、ネガティブなイメージを持つと強張ってしまいます。ご紹介するメソッド「イメージ呼吸法」は、ポジティブなイメージを持つことで体を思い描く方向へ導き、さらに呼吸を組み合わせて効果を高めるというもの。今回は「胸が硬いイメージ」を取り除く方法!

「みぞおちで呼吸するイメージ」で強張った胸をほぐす

安楽座でリラックスして座り、胸の硬さがあるみぞおちに意識を集中させる。次にみぞおちから胸のこわばりを吸い込み、吐く息にのせて硬さを手放す。(5呼吸)

胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

イメージを高める方法①:みぞおちを開き呼吸の通り道を確保

背もたれのある椅子に深く座り、両肘を曲げて両手を背もたれの裏側につき、みぞおちをオープン。開いた部分を空気で満たし、吐くときもイメージして開いたところから吐き出す。(5呼吸)

胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

イメージを高める方法②:タオルの上に寝てみぞおちを下から開く

仰向けになり、腕は両肘を曲げて顔の横へ。丸めたバスタオルを肩甲骨の下に入れてみぞおちを開き、そのスペースを空 気で満たすように吸い込み、吐き出して空にする。(5呼吸)

胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

上から見ると

胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

「みぞおちで呼吸するイメージ」で上達するポーズ3つ

ウッタナシショーサナ

胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

ゴムカーサナ

胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

マッツヤーサナ

胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

教えてくれたのは...鈴木伸枝先生
ヨガインストラクター。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオRelease Space主宰。レッスンでは自分で心身をベストコンディションに導く「自己調整力を引き出すヨガ」を伝えている。指導者養成講師、イベント出演など多方面で活躍。

Photos by Sayaka Ono
Illustrations by Nanayo Suzuki
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
胸部の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
胸部の柔軟性を高める「みぞおち呼吸」と効果を高める2つの方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する