アーユルヴェーダ的「イライラ・怒りっぽい」の対処法|ポーズ&ペアワーク

Shoko Matsuhashi

アーユルヴェーダ的「イライラ・怒りっぽい」の対処法|ポーズ&ペアワーク

世界最古の伝承医学アーユルヴェーダとタイヨガセラピーを融合させた話題のメソッド「タイヴェディック」創立者の1人であるセバスチャン・ブルーノ師に、日本人が抱えやすい心身のトラブル「イライラしやすい」「怒りっぽい」の原因とケアの方法について教えてもらいました。

イライラ・怒りっぽいの原因と対処法は?

アーユルヴェーダの視点からみると「イライラ・怒りっぽい」はピッタ(火)の乱れが原因になっていることが多いです。ピッタにはアクティブな動き、鋭さ、熱、油性、上昇といった性質があります。私たちの体の部位でいうと、ピッタというのは胴体の部分に多く宿ります。小腸と肝臓は、体の中で最も熱い臓器。ツイストポーズを行うことで、ピッタが多く溜まりやすい胴体に働きかけます。濡れたタオルを絞るように、胴体にある臓器を捻じることで、溜まった過剰な熱を逃がしてあげましょう。

ピッタが乱れやすい人は、自分でたてた計画をきっちりとこなしていく完璧主義タイプ。生活におけるケアのアドバイスは、何もしない時間をもつこと。目標に向かっていく、何かを成し遂げるといったものを一旦手放し、公園を散歩したり、自然の中でボーっとするといった時間をもってみましょう(セバスチャン・ブルーノ氏)。

アーユルヴェーダ タイヴェディック
「タイヴェディック」創立者の1人であるセバスチャン・ブルーノ師/photos by Shoko Matsuhashi

★自分のドーシャ(体質)がわからない人は「アーユルヴェーダ体質診断 あなたはどのタイプ?」でチェック!

photos by Shoko Matsuhashi
text by Nobue Suzuki

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アーユルヴェーダ タイヴェディック
アーユルヴェーダ タイヴェディック
アーユルヴェーダ タイヴェディック
アーユルヴェーダ タイヴェディック
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する