究極のリラックス状態「ヨガニードラ」と脳波の関係

YJ

究極のリラックス状態「ヨガニードラ」と脳波の関係

KAREN BRODY
KAREN BRODY
2017-12-31

45分間のヨガの睡眠が通常の3時間分

ヨガニードラが睡眠の代わりではないとはいえ、ほとんどの女性が挙げるヨガニードラを支持する理由は、45分間のヨガの睡眠は通常の眠り3時間分のように感じると広くうたわれていることだ。これを裏付けるいくつかの科学をめぐる論争があるが、この効果は一連の脳波の変化をヨガニードラの中で経験することによるようだ。私は仕事で、ヨガニードラのプラクティスをしたあとに目覚めると非常に気分爽快になり、眠りや夜再び眠る助けになる、と女性たちが言うのをいつも耳にする。眠るのは嫌いなんて誰が言えるだろうか?


ご想像通り、十分な休息が取れたと感じると生活が変化するが、ヨガニードラは健康全般も改善する。2013年の調査でヨガニードラのプラクティスを行ったことで、生理不順や精神的問題を抱える女性の不安、鬱状態や健康全般を改善したことが示された。ヨガニードラを使い、外科手術前後への対処や痛みの軽減に役立てることに大成功を収めた多くの女性と私は連携してきた。さらに科学はヨガニードラが血圧とコレステロールを下げ、血糖の変動と糖尿病に関連する症状を改善する助けになることを示した。


瞑想の恩恵を裏付ける研究の急増は、ヨガニードラにも当てはまる。ヨガニードラはある種の瞑想だからだ。瞑想とヨガニードラはいずれもリラクセーション反応を活性化し、神経系と内分泌系の機能を向上し、ホルモンに影響を与える。瞑想もヨガニードラも細胞の再生と修復を助け、不安を軽減し、気分を向上するのに役立つ。

ヨガニードラ

女性たちはヨガニードラの瞑想のプラクティスを行うことが家族生活にいかに良い影響を与えたかを私にいつも教えてくれる。極度の疲労で人生に見切りをつけたある母親は、現在ヨガニードラのプラクティスを行い、彼女自身、子どもたち、配偶者に対してより愛情あふれる話し方で接し、より穏やかな状態で子育てをしていると語った。全般的に不安に捕らわれていると感じていた女性は、現在は家族と共に落ち着いた状態で満たされた生活を送ることができていると語った。定期的にヨガニードラのプラクティスを行って、家族と自由を取り戻したのは明らかだ。

  • 3
  • /
  • 3

Translated by Hiroe Humphreys_Stress

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガニードラ
ヨガニードラ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する