夏を快適に!タイヴェディックに学ぶ、夏の心身トラブルの傾向とセルフケア

Shoko Matsuhashi

夏を快適に!タイヴェディックに学ぶ、夏の心身トラブルの傾向とセルフケア

世界最古の伝承医学アーユルヴェーダとタイヨガセラピーを融合させた「タイヴェディック」を7回にわたって特集。第2弾では、創立者の1人であるセバスチャン・ブルーノ師に、人気ヨガティーチャー鈴木伸枝先生がインタビュー!夏の心身トラブル傾向とセルフケアの方法について教えてもらいました。

伸枝さん(以下、伸枝):何かと不調を感じやすい夏ですが、どんなことに気を付けて過ごしたらよいでしょうか? 夏に起きやすい不調などについて教えていただきたいです。

セバスチャン・ブルーノ師(以下、セバスチャン):まず日本の夏にはどんな特徴がありますか? 実は私、日本で夏を過ごしたことがないのです(笑)

タイヴェディック アーユルヴェーダ
Photo by Shoko Matsuhashi

伸枝:暑くてムシムシする。あと、台風がきますね。

セバスチャン:アーユルヴェーダドーシャ(性質)で考えると、暑いはピッタ(火)、ムシムシはカファ(水)、台風はヴァータ(風)ですね。

伸枝:あ、全部ですね…(笑)

セバスチャン:一般的に世界中のほとんどの国が、夏というのは一年の中で一番暑い季節になります。暑いというのはピッタの不調を招きやすいですね。例えば、皮膚の湿疹、あと夏の満員電車の匂は気になりませんか?体臭のトラブルはピッタの乱れからくるものになります。他に日本の夏の代表的な不調ってありますか?

伸枝:食欲不振とか?

セバスチャン:食事の量が減るというのは、実は自然のリズムに従って起こっているものになります。夏というのは太陽から沢山のエネルギーをもらえますからね。

夏の心身のトラブル傾向と改善するための調整法について
Photo by Shoko Matsuhashi

伸枝:太陽からもらえるから、食事からエネルギーを取り入れる必要がなくなるってことですか?

セバスチャン:そうですね。冬ほど食事の量は必要なくなります。

伸枝:面白ーい!でも食が細くなるというよりは、全く食べれなくなり痩せていってしまう方とかがいるのですが、その場合はピッタの乱れから起こっているということですか?

セバスチャン:昔の人の食生活を考えてみると、冬には味の濃いもの、発酵したもの、こってりしたものを食べ、夏にはあっさりしたもの、時には木になっている果物で済ませてしまう、なんてこともあったと思います。そして、冬には冬にとれる食材、夏には夏にとれる食材を食べていたと思います。しかし今の日本を見てみると、いつどんな時も同じような食材がスーパーに並んでいますよね。ですから自然のサイクルで生きることが難しくなってきているのです。それがドーシャのバランスが崩れる要因の1つになっていると思います。その季節に取れる野菜や果物をとることは、その季節に乱れやすいドーシャのバランスを整えるために大切なことです。

photos by Shoko Matsuhashi
text by Nobue Suzuki

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「日本人の特徴と心身のトラブル傾向と調整法について」
タイヴェディック アーユルヴェーダ
夏の心身のトラブル傾向と改善するための調整法について
夏の心身のトラブル傾向と改善するための調整法について
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する