新米インストラクターあるある?!自分のレッスンがマンネリ化してきたらどうする?

Getty Images

新米インストラクターあるある?!自分のレッスンがマンネリ化してきたらどうする?

インストラクターデビューして約半年。自分のレッスンにもだんだんと自信がついてきて、お客様とも沢山コミュニケーションを取れる様になって楽しくなってくる時期ですね。ヨガのインストラクターの仕事に就いて良かったと思う一方で、徐々に自分のレッスンに飽きを感じてきてはいないでしょうか。飽きを感じるという事はレッスン内容を変化させたい、レベルアップしたいと思う心の表れ、このチャンスを活かしてスキルアップをしてみましょう!

1.他のインストラクターのレッスンを受けに行ってみる

すぐに行動に移しやすいのは、他のインストラクターのレッスンを受けてみる事です。自分の所属しているスタジオでも良いですし、初めて行くスタジオでも構いません。例えば普段パワー系のクラスが多い場合、他のインストラクターのパワー系のクラスを受講してみましょう。ご自身が行っているクラス内容や伝え方、シークエンスに新鮮な気持ちになるでしょう。自分のクラスを行う事にいっぱいいっぱいになってくる時期に、少し視野を広くしてあげる事が大切です。

2.インストラクター以外の人と話をしてみる

特にフリーランスのインストラクターだと個人での行動ばかりになるので、関わる人がヨガ関係の人ばかりになってしまいます。もちろんヨガ関係の人と悩みを共有する事で見えてくる事もありますが、ここはあえてヨガに関わっていない人ともコミュニケーションを増やしましょう。そうする事でヨガをやっていない人はどういう悩みやストレスを持っているのかを知る事が出来ます。またヨガについてどう思うかを聞いてみるのも良いでしょう。そうする事でお客様はどんな気持ちでレッスンを受けているのかヒントを得られます。きっとこうだろうと思っていた事が実はインストラクターの勝手な思い込みだったなんて事もあるかもしれません。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する