チャイルドポーズが辛い人必見!苦痛の原因別の対策方法|心地よいポーズを見つけよう

Getty Images

チャイルドポーズが辛い人必見!苦痛の原因別の対策方法|心地よいポーズを見つけよう

須藤玲子
須藤玲子
2018-10-17

リラックスポーズの代表といえば正座から前屈するチャイルドポーズですが、実は苦手な人、リラックスできない人もたくさんいます。もっと心地よいポーズになるように!また、インストラクターとしてよりよいアドバイスができるように!それぞれの悩みに合わせた3つのバリエーションを紹介します。

チャイルドポーズが苦痛になる原因

簡単に思えるチャイルドポーズですが、実はそれなりの柔軟性が必要です。足首が硬い人、腿の前側の筋肉のこわばりや膝を曲げにくい人、股関節に違和感がある人にとっては、あまり快適なポーズではありません。
チャイルドポーズは正座からスタートします。足の甲を伸ばして座る姿勢は足首の硬い人には困難です。同様に、腿の前側の筋肉のこわばりや、膝が曲げにくい状態では、お尻がかかとに着かず安定しません。
また、チャイルドポーズは深い前屈のポーズです。前屈の姿勢はお尻や股関節が硬くなると心地よさが減り、お腹に圧迫があると、リラックスできないと感じる人も多いでしょう。

足首が硬い人は

足首に緊張がある場合、正座の姿勢が安定せず、足の甲がマットから浮いてしまう場合があります。足首や足の甲に違和感がある人は、足首の下に厚手のブランケットを敷いて座ってみましょう。足の甲とマットの隙間が埋まることで、土台が安定します。痛みからも解放され、楽にポーズに入ることができるでしょう。

腿や膝にハリや痛みを感じる人は

腿の前側の緊張や膝に痛みがあると、お尻とかかとが離れて正座ができない場合があります。無理をせず、お尻の下にブロックを入れて座ってみましょう。ブロックの高さや座り心地に違和感がある場合は、腿とふくらはぎの間に厚手のブランケットやクッションを挟んで座ってみてください。お尻とかかとの隙間が埋まり余分な力が抜け、ポーズが安定するでしょう。

お尻・股関節・お腹に緊張がある人は

お尻周りや股関節に緊張があると、前屈の姿勢に苦痛を感じる場合があります。前屈が苦手な人はお腹の下にボルスターやクッション、厚手のブランケットを挟んで隙間を埋めてみましょう。また、お腹の圧迫を感じる場合は膝を開いて座ることをおススメします。前屈が楽になりリラックスしてポーズをとることができるでしょう。

心地よいチャイルドポーズを見つけよう

以上3つのバリエーションをあげてみました。人の身体は誰一人として全く同じではありません。骨格や柔軟性、生活習慣や癖など、多くのことが影響してそれぞれの個性になっています。苦手意識を持たず、心地よいチャイルドポーズを目指していろいろ試してみましょう。きっと自分にあった快適なチャイルドポーズに巡り合えるはず!

 

ライター/須藤玲子
2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTTリストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する