猫背は肺を圧迫する? 理想的な背骨、姿勢へ導くリストラティブヨガ

Getty Images

猫背は肺を圧迫する? 理想的な背骨、姿勢へ導くリストラティブヨガ

デスクワークやPC作業の人に多い猫背、浅い呼吸。不調や落ち込みを感じている人は、胸を開くワークを行うと気持ちも前向きに! 日本初の国際ヨガセラピスト協会所属ヨガインストラクターの岡部朋子先生に教えていただきました。

理想的な姿勢を取り戻して心身をリラックス

岡部先生曰く、「デスクワークやPC作業など体の前で腕を使う場面が多いと、どうしても前かがみの姿勢になりやすい。お腹の力が抜け、背中が丸まり、その結果肺が圧迫され、呼吸も浅くなってしまう」のだそう。浅くて速い呼吸は交感神経を優位にさせるので、これではリラックスとはほど遠い状態。縮こまりがちな胸からお腹をリストラティブヨガで開き、本来の自然な背骨へと戻しましょう。理想的なのは、背骨が自然なS字カーブを描き、その延長線上に頭がのっている状態です。

Edit&text by Megumi Nishijima
yoga JOURNAL日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する