太陽礼拝が辛い人必見|無理なく効果的に体を動かす8つのポイント

Getty Images

太陽礼拝が辛い人必見|無理なく効果的に体を動かす8つのポイント

体が硬くて太陽礼拝が辛い人必見!無理なくできて体も柔らかくなる太陽礼拝を、鍼灸師の資格も持つ人気ヨガインストラクターの佐久間涼子先生に教えてもらいました。

陽礼拝とは

太陽礼拝とは、連続した12のポーズから成るヨガの基本的かつ代表的な動きのひとつ。サンスクリット語では「スーリヤナマスカーラ」といい、感謝とともに太陽に祈る動作です。前屈や後屈、体を伸ばすポーズなどが含まれ、繰り返し行うことで柔軟性が高まり、全身が活性化。心身ともに、リフレッシュの効果も期待できます。

体を柔らかくする太陽礼拝で伸ばす・ゆるめるをマスターしよう

流れるような動きの中で全身をほぐせるのが太陽礼拝の魅力。膝や肘を曲げた軽減ポーズでしっかり伸ばし、きちんとゆるめ、体を正しく使うことで、少しずつ柔軟性が高まります。

①山のポーズは、かかと重心で立ち上半身の伸びを意識

かかとで床を押して立つ。かかと重心にすると下腹部に力が入り、胸が開いて真っすぐに。

山のポーズ
photo by Shoko Matsuhashi

POINT:かかとに体重がのると太腿前面の緊張も取れて安定感が増します。

太陽礼拝
photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

チャトランガダンダーサナ
山のポーズ
手を上にあげるポーズ
立位前屈
半分の立位前屈
ダウンドッグ
チャトランガの準備
コブラのポーズ
太陽礼拝
太陽礼拝
チャトランガの準備
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する