呼吸の不調は秋に起こりやすい?縮こまりやすい胸を開いて呼吸を深める簡単ストレッチ

Adobe Stock

呼吸の不調は秋に起こりやすい?縮こまりやすい胸を開いて呼吸を深める簡単ストレッチ

mai
mai
2022-11-20

秋は、冷たく乾燥した空気に変わり、肺を痛めやすい季節。呼吸のしづらさを感じてはいませんか?今回は呼吸を深めるストレッチをご紹介します。

広告

気温が下がると、体は寒さから身を守るために丸まりやすくなります。猫背から巻き肩になり、胸は縮こまるばかり。胸の開きは呼吸と密接に関わっているため、胸が固くなると呼吸がしづらくなってしまいます。肺を大きく膨らませてたっぷりとみずみずしい酸素を取り込むために、胸の筋肉を柔らかくしておきましょう。

また、背中側も固くなると呼吸はしづらくなります。胸の開きと連動して動く肩甲骨周りの筋肉もほぐして、呼吸を深めていきましょう。

呼吸を深めるストレッチ

やり方

呼吸1
photo by Mai

1)座る場所は床でも椅子でも良いので、楽な姿勢で座ります。左肘を曲げて左手を後頭部に当てます。

呼吸2
photo by Mai

2)息を吸って、吐きながら左肘と右膝を近づけます。左の肩甲骨を開くように意識して、目線を肘先に向けます。

呼吸3
photo by Mai

3)息を吸いながら、左胸を開くように肘を後ろに引きます。目線は肘先のまま。

4)吐きながら肩甲骨を開く、吸いながら胸を開くの動きを3呼吸ほど繰り返します。

5)肘を後ろに引いたまま3呼吸ほどキープします。

6)反対側も行いましょう。

今回ご紹介したストレッチは場所を問わずどこでも簡単に行えるので、デスクワークや家事の合間にリフレッシュとしても活用してみてくださいね。

広告

AUTHOR

mai

mai

『ヨガ×好きなこと=笑って過ごす』をモットーに、誰かの好きなことに目を向けて、ヨガに触れる機会を広めています。ヨガとの出会いは介護福祉士として働き、家事も子育ても手を抜く事が出来ず体調を崩した時期。ヨガを続けることによって心身が安定することを体感し、生きづらさを感じているかたへヨガの魅力を伝えたいという思いで、インストラクターの道へ。ココロとカラダをゆるりとほどく柔らかいヨガで、日常を心地良くするお手伝いをしています。LAUGHTER主宰ヨガライフスタイリスト/RYT500/ナチュラルビューティスタイリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

呼吸1
呼吸2
呼吸3