【わずか30秒でバキバキの体が激変】肩や背中のコリが信じられないくらい軽くなるズボラ筋膜リリース

Getty Images

【わずか30秒でバキバキの体が激変】肩や背中のコリが信じられないくらい軽くなるズボラ筋膜リリース

伊藤香奈
伊藤香奈
2022-09-22

肩が重たい、巻き肩の姿勢が気になる、背中もバキバキ。でもマッサージに行くほどでもないし、エクササイズは面倒くさい・・・色々な感情が渦巻いているそこのあなた! 寝ながら脇をゴロゴロするだけで肩や背中が軽くなる筋膜リリースをお試しあれ~

脇をほぐすと30秒で肩も背中も軽くなる

肩こりやバキバキの背中には、わきの下のほぐしが即効性がありおすすめです。手でほぐすこともできますが、筋膜リリースローラーやフォームローラーをお持ちであれば、寝転んでテレビを見るように、横向きに寝た姿勢でローラーを脇にあてコロコロとするだけ!30秒~60秒で肩や背中が軽くなりますよ。
まずはなぜ脇をほぐすと肩や背中が軽くなるのか?を簡単に解説します。

脇をほぐすと効果的な理由とは?

肩こりを引き起こしている筋肉のうち、肩甲骨の外側にある大円筋は主に腕を体の方に引き寄せたり腕を後ろ側に回す動き、小円筋は肩関節から腕を外側にひねる動きで使われます。これらの筋肉は背中側から腕の骨をつなぐようについているのがわかります。同じく肩甲骨の上についている棘下筋(きょっかきん)も、腕の骨の外側にくっついています。

肩回りの筋肉
上から棘下筋・小円筋・大円筋/イラストAC

さらに大円筋の下を見てみると、背中の一番大きい筋肉、広背筋があります。広背筋も腕の骨の内側にくっついているのがわかります。

広背筋
広背筋はくるっとねじれるようにして腕の骨にくっついている/イラストAC

肩回りや背中の筋肉は、背中側から脇を通って腕の骨にくっついているため、脇をほぐすことでこれらの筋肉をほぐすことにつながり、肩こりや背中のこりが解消されるというわけです。

寝ながらでOK!揺れるだけのずぼら筋膜リリース

脇をほぐすとなぜ肩こりや背中に効いてくるのかわかったら、さっそくほぐしを行ってみましょう!

1.筋膜リリースローラーを横向きに置き、脇をのせて横向きになる(腕枕で楽な姿勢でOK)
2.膝を軽く曲げ伸ばしして、脇をほぐす
3.次にうつ伏せになるように脇の内側をローラーに乗せ、2と同じ要領で揺れる
4.最後に軽く仰向けになるように脇の背中側にローラーをあて、2と同じ要領でゆれる

1か所あたり30秒~60秒くらいを目安に行いましょう。硬い部分を見つけたら、呼吸をゆっくりとしながら硬いところを長めにほぐすのもおすすめです。

 

AUTHOR

伊藤香奈

伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学とヨガ・ストレッチ・筋膜リリース・骨格調整などを学び自らの痛みを克服した経験をもとに、オリジナルメソッド「股関節ヨガ」を考案。「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるほか、股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

肩回りの筋肉
広背筋
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する