冷え、むくみ、血行不良を緩和。生理痛と上手に付き合うためのおうちヨガ

Getty Images

冷え、むくみ、血行不良を緩和。生理痛と上手に付き合うためのおうちヨガ

どうしても辛いPMSや生理痛。我慢していると、痛みが筋肉を緊張させ、血流が悪くなったりと悪循環に陥ることも。おうちでできるヨガで、辛い症状を乗り切りましょう。ヨガティーチャーの鈴木伸枝先生に教えていただきました。

PMSは妊娠をサポートするホルモン、生理痛は経血を排出するための物質が原因。一概に悪いことではなく、体がちゃんと機能している証拠です。諸症状と上手に付き合うために、呼吸を意識したポーズで体をまんべんなく動かし、自律神経を整え、冷えやむくみを取りましょう。

1.股関節ストレッチで緊張を緩和する

強張った股関節をストレッチし、骨盤まわりの筋肉をほぐして血流を促します。血流がよくなると体温が上がり冷えの改善にも効果的です。

HOW TO

長座から両手を体の後ろにつく。背中を伸ばして円を描くように膝を外へ開く。詰まりを感じるところがあればゆっくり念入りに。

PMS緩和ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

お尻を伸ばすように膝を大きく内側へ。同様に外回しも行って。体調に応じて仰向けになっても効果的。両脚各5回ずつ行う。

PMS緩和ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

内回しは可動域が狭くなりがち。ゆっくりでいいので内・外回しともに大きな円を描くように心掛けて。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Ai Kitabayashi Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する