【お手軽アロマセラピー】残暑による疲れをリセット!症状別アロマと自律神経が整う「ヨガの呼吸法」

GettyImages

【お手軽アロマセラピー】残暑による疲れをリセット!症状別アロマと自律神経が整う「ヨガの呼吸法」

中村優希
中村優希
2021-09-03

夏も終盤に入りましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。残暑の疲れも出やすいこの時期。香りのパワーで心身を整えるおすすめのアロマとヨガの呼吸法をご紹介します。

残暑による心身の疲れとは

夏も終盤となりましたが、この時期は心身ともに疲れやすく体調も崩しやすくなるので、注意が必要です。夏は外は日差しが強く高温多湿状態、室内は冷房で冷えていて乾燥もしやすい状態です。また9月に入ると朝晩は気温が下がり日中は暑いという日や、季節の変わり目で、日によって気温差が大きくなる日が増えていきます。このような寒暖差により自律神経の乱れを引き起こし体調を崩しやすくなります。

暑い時期は冷たいものがと取りたくなりますよね。夏の時期に冷たいものを取りすぎていた方は、内臓が冷えて内臓機能の低下に繋がるため、消化機能が落ち、食欲不振などの症状を引き起こします。また夏の暑さで寝苦しい日が続いていた方は、睡眠不足により心身の疲れが抜けにくくなります。

このように夏の疲れが、夏終盤から9月にかけて食欲不振や疲労感・だるさなどの体調不良につながってきます。

夏の疲れ
GettyImages

残暑疲れの症状別オススメのアロマ

<無気力・イライラにおすすめのアロマ>

スィートオレンジ…考え方に柔軟性を与えて心を楽にしてくれます。
ローズマリー…気持ちを前向きに憂鬱な気分を晴らしてくれます。

<食欲不振・胃腸の働きが悪いときにおすすめのアロマ>

レモングラス…食欲不振や消化不良など胃腸の働きを整える、疲れた心を元気にしてくれます。
グレープフルーツ…消化機能を高める、リンパの働きを良くしてデトックス効果があります。

<睡眠不足、疲労におすすめのアロマ>

ラベンダー…自律神経のバランスを整え心に癒しを与えてくれる・安眠効果があります。
スィートマジョラム…心身の沈静効果があり気持ちを楽にする。心身の疲労回復効果があります。

ヨガの呼吸法を実践してみよう

ヨガの呼吸法は、夏の疲れで乱れやすい自律神経のバランスを整えてくれる効果があります。他にも嬉しい効果がたくさんあるのですよ!

●心身のリラックス

●血流を良くして身体を温める

●内臓機能を活性化させ免疫力UPに

●肌艶を綺麗にする

是非、先ほどご紹介したアロマを香らせながら行ってみてください。アロマは呼吸を深める効果もあるのですよ。

〈やり方〉

①楽な姿勢で座ります

②座骨を床に根付かせ流ように背筋を伸ばして座ります

③両手は楽なところに置きます

④優しく目蓋を閉じます

⑤鼻からゆっくり呼吸を行います

※5〜10呼吸くらい繰り返してみましょう

※意識できたら、吐く息はお腹を凹ますように、吸う息はお腹を膨らませるように意識をしてみましょう。

 

Instagram:yuki.nakamura.yoga

 

AUTHOR

中村優希

中村優希

幼少時代から新体操に打ち込み、大学時代には日本一のチームに所属。会社員時代にヨガと出逢い、その後ヨガインストラクターへ。主宰のオンラインレッスンや板橋のヨガ教室の他、プライベートヨガや企業ヨガ等の出張クラスも行いながら、大規模イベントの講師、ヨガ雑誌などの監修やポーズモデルを多数務めるなど多岐にわたる。長年新体操やヨガで培った経験から、美しい姿勢や柔軟性を高める体の使い方なども伝えている。"心身が整いほぐれるレッスン"効果を感じ分かりやすい!と人気を集めている。 Lani yoga主宰

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

夏の疲れ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する