【心の専門家が解説】コロナ禍の今、心の休憩を取るべき理由と「7つの方法」

【心の専門家が解説】コロナ禍の今、心の休憩を取るべき理由と「7つの方法」

心の休憩がこれまで以上に重要になっています。今回は、専門家たちがその健康上の利点について話し合い、7つの方法をご紹介します。その中の1つをまずは試してみませんか。

メンタルヘルスのケア、実践している?

新型コロナウィルスによるパンデミックが私たちに教えてくれたことが1つあるとすれば、メンタルヘルスのケアがこれまで以上に重要になっているということでしょう。それを実行する方法は? 特に家で過ごす時間が長い場合や、以前よりもストレスを感じている場合は、1日を通して心の休憩を取りましょう。

心の休憩は単純な目的を果たします。「意識的に、ストレス解消をもたらす何かに心の焦点を向ける努力をします」と、シカゴ在住の臨床心理士/心理学者であり、認定音楽療法士でもあるべサニー・クックPsy.D.(心理学博士)は言います。瞑想したり、スマホなどのデバイスを使わずに散歩したり、料理やお菓子作りをしたりすることも考えてみてください。「主な目標は、日常生活や現代生活のストレスから逃れるためのスペースを自分自身の心に提供することです」。

多くの人が常にGOモードで、滅多に休憩時間を取らないことを考えてみれば、これがもちろん鍵となります。「ほんの数分でも構わないので少しの休憩時間を取ると、自分が感じていること、必要なこと、身体的に何が起こっているかなどを知り、調整することができます」とニューヨーク市にあるコロンビア大学付属のヘルスセンター、コロンビアヘルスの臨床心理士で、うつ病研究財団(Hope for Depression Research Foundation)のメディアスポークスパーソンであるミシェル・ゴールドマンPsy.D.は述べています。すぐに、もっとグラウンディングする感覚を得て、ストレスや緊張が少なくなり、再充電されて再びエネルギーを得たように感じるでしょう。

心の休憩はこれまでも常に健康の鍵でしたが、これまで以上に重要になっています。「特に自分の周りで起こっていることに意識が集中しているパンデミックの最中だからこそ、自分の内側に再接続し、体が本当に必要としていることに意識を向ける必要があります」とゴールドマンさんは言います。

しかし、心の休憩を取る時間がない場合はどうなるのでしょうか?どんどん疲労が溜まっていくため、賢明な選択ではありません。「最終的に、その日の疲れから解放されるのにかかるリカバリータイムは、しっかり休憩した人よりも長い時間がかかるでしょう」とクックさんは言います。また、感情を調整するのが難しくなり、イライラしやすくなります。言うまでもなく、おそらく無気力を感じ、集中力と注意力に欠けるようになります。

長期的に、健康上のダメージを受けるかもしれません。睡眠不足、体内のストレスホルモンの増加、メンタルヘルスへの悪影響はすべて結果として生じる可能性がある、とゴールドマンさんは言います。さらに酷いことが起こる可能性も?精神的または肉体的な衰弱を起こしやすいかもしれません、とコールさんは言います。

幸いなことに、心の休憩は長ければ良いというわけではありません。実際、1分ほどの短い時間であっても効果がある、とゴールドマンさんは言います。心の休憩時間を1日に何度取るかはあなた自身が決めれば良いのです。クックさんの場合、1日に4回「短めの」心の休憩(午前2回と午後2回)を取ると効果的ですが、彼女はその時間を確保するのに苦労していることを認めています。しかし、それらを実行する日は、気分が良くなり、家族への不満は少なくなります。

心の休憩を取る前に、自分自身と向き合い、その瞬間自分がどう感じているか理解しましょう。「これは、心の休憩中、自分自身に必要なものを理解する上で役立つため、不可欠です」とゴールドマンさんは言います。また、休憩を取る際、今ここに、そしてこの瞬間に存在しましょう。「ついついしてしまいがちですが、スーパーで買わなければいけない物について考え始めたら、本当に休んでいるとは言えません」と彼女は言い加えます。しっかり休憩を楽しむことが重要です。

心の休憩中に何をすべきかもっと知りたい?それなら、以下の心の休憩のための7つの戦術のいずれかが自分の心に響くかどうかを試してみましょう。

By KAREN ASP
Translated by Hanae Yamaguchi

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

斬新的筋弛緩
音楽
呼吸
大人の塗り絵
読書
アロマ
ストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する