【下半身に溜まった老廃物を一掃】リンパマッサージより簡単!「動と静」寝たままストレッチ

Adobe Stock

【下半身に溜まった老廃物を一掃】リンパマッサージより簡単!「動と静」寝たままストレッチ

須藤玲子
須藤玲子
2021-06-09

すっきりしないお天気が続くと体が重い…特に下半身のむくみや怠さを感じることはありませんか?溜まった水分や老廃物を流して下半身太りを解消するには、鼠径部のリンパマッサージが効果的と言われています。でも、自分でやると疲れて面倒…。今回はそんな人におすすめの、自分の手でマッサージしなくてもOK!寝たままできる、鼠径部のリンパを活性化させる方法を紹介します。

鼠径部リンパを活性化させるには?

上半身と下半身が繋がる太腿の付け根には、体の中で最も大きなリンパ節(鼠経リンパ)があります。そして、この流れがスムーズになると、下半身だけでなく全身の巡りがよくなると言われています。適度な運動をすることでリンパも活性化されますが、湿度の高い時期は動いていても水はけが悪く、老廃物も溜まりがちです。特に座り姿勢が長い人は、上半身の重みで鼠径部がつぶされた状態になり、いつも以上に詰まりやすくなります。リンパを活性化させるには、鼠径部のリンパマッサージが一般的ですが、代わりに鼠径部をターゲットにした、ストレッチをするだけでも十分効果が得られますよ。

鼠径部リンパを刺激する2つのストレッチ

疲れている時でも負担にならない、簡単な方法を紹介します。鼠径部を動かしてほぐす「動」と緩めて広げる「静」の2つのストレッチです。寝たままできるのでおやすみ前におすすめです。

1.スッキリ!鼠径部をほぐす「動」のストレッチ

詰まった鼠径部にフォーカス。動くストレッチで巡りを良くしてスッキリさせましょう。

膝を胸に抱えて横になり、円を描くように回す「動くストレッチ」
膝を胸に抱えて横になり、円を描くように回す「動」のストレッチで、鼠径部リンパにアプローチ!
◆やり方:1.両ひざを胸に抱えて横になる。
2.手を膝に添え、膝で円を描くようにして股関節を動かし、鼠径部を刺激する。
10回程度を目安に両方向に回してみましょう。疲れたら休みながらでOK!

◆やり方

1.両ひざを胸に抱えて横になる。

2.手を膝に添え、膝で円を描くようにして股関節を動かし、鼠径部を刺激する。

10回程度を目安に両方向に回してみましょう。疲れたら休みながらでOK!

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

膝を胸に抱えて横になり、円を描くように回す「動くストレッチ」
お尻の位置を高くして、脚の付け根を緩めて広げる「静」のストレッチで、鼠径部リンパにアプローチ!
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する