【誰でも簡単30秒】肩こりほぐしとお腹痩せを同時に叶える?"揺れるだけ"ストレッチ」

canva

【誰でも簡単30秒】肩こりほぐしとお腹痩せを同時に叶える?"揺れるだけ"ストレッチ」

多くのかたが抱えているであろう悩み、それは肩こりとぽっこりお腹。それぞれを解消するストレッチやエクササイズはあるものの、できれば一気に解消したい!時間がないから手っ取り早い方法を知りたい!そんなあなたにオススメするストレッチをご紹介していきます。

肩まわりやお腹まわりが陥りやすい事態

2つに共通していることは「その状態に慣れてしまうこと」でしょう。肩が凝っていない状態が思い出せない、お腹がスッキリしている状態が想像できないと、なかなかストレッチやトレーニングは続かないかもしれません。そんなときは無理なく続けられることが重要に。

このストレッチは座った状態で行います。体を左右に動かす動作がありますが、おうちではもちろん、休憩中のオフィスでもやりやすいはず。ぜひ習慣的に行なってみてください。

肩こり・ぽっこりお腹解消のためにすべきこと

肩こりは、肩甲骨まわりを伸ばしてほぐしていきます。お腹へは今回はくびれを作る筋肉の1つ、腹斜筋へアプローチしていきます。この2つを座った状態で同時にアプローチしていきます。とはいっても、通常の腹筋トレーニングに比べると負荷はあまりかからないため、特に疲れている日・あまりやる気が出ないけど何かやっておきたいなんてときにもオススメです。

簡単"揺れるだけストレッチ"

あぐらの状態からスタートします。あぐらが辛い人は、お尻の下にクッションなどを置き高さを出すと楽になりますよ。

やり方

1.あぐらの姿勢になります。指を組み、胸の前におきましょう。

2.吸う息で背筋を伸ばし、吐く息とともに両手を前に伸ばします。背中・腰を丸め、視線はおへそまわりを見ましょう。体重は少し後ろに移動すると、より肩まわりの刺激を感じやすくなります。

丸める

3.吸う息で元の状態に戻り、吐く息でまた背中・腰を丸めます。この状態から両手を左右に揺らしていきましょう。体重はつねに後ろに移動しておくと、脇腹まわりに刺激が入ります。

左右

4.10回程度左右に揺れたら、吸う息で元に戻りましょう。1日3回、30秒程度行ってみてください。

意外な部位同士だけど同時にアプローチできる

肩とお腹、一緒にアプローチできる簡単ストレッチ。少し疲れている日にも実践しやすいので、コツコツやってみてください。

AUTHOR

NATSUMI KOGA

古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消のために始めたヨガと出会う。ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。週末のみ活動するインストラクターから、フリーランスのヨガインストラクターへと転身。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在はオンラインヨガ・児童館にてママ向けヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

丸める
左右
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する