心と体が元気に!幸せホルモンにアプローチ【「セロトニン」を活性化する簡単瞑想】

Kenji Yamada

心と体が元気に!幸せホルモンにアプローチ【「セロトニン」を活性化する簡単瞑想】

心や体に、さまざまな恩恵をもたらす瞑想。その効果を脳科学の観点から紐解き、日常生活に取り入れやすい瞑想実践法とともにアドバイス。コロナ禍の今こそ、瞑想を始めるチャンスです!

セロトニンに作用するアクションを瞑想にプラスしてみよう

脳科学では、規則的なリズム運動と太陽の光を浴びることでセロトニンが活性化することが解明されています。これらを瞑想にプラスすることでセロトニンの作用が高まり、より効果的に瞑想を行うことができます。

step①:深い呼吸を繰り返す

正座で背筋を伸ばし、お腹に手を当てます。お腹を膨らませながらゆっくり息を吸い、凹ませながらゆっくり息を吐く、を一定のリズムで5分間行って。深い呼吸を繰り返すことでセロトニンが活性化!

幸せホルモンにアプローチするセロトニン活性化メディテーション

photo by Kenji Yamada
幸せホルモンにアプローチするセロトニン活性化メディテーション

photo by Kenji Yamada

step②:日の光を浴びる(サンゲージング)

最初はサングラスなどで目を保護しながら朝日、または夕日を2〜3分間見つめて。太陽のエネルギーを受け取ることで、セロトニン効果がUP。姿勢は背筋を伸ばし、立っても、座ってもOK。

幸せホルモンにアプローチするセロトニン活性化メディテーション
photo by Kenji Yamada

中に着たネイビーのトップス¥8,250、レギンス¥10,450、花柄のレギンス¥10,450/すべてリアルストーン(BAJ info-baj@twins-corp.com)

教えてくれたのは...シュミッツ千栄子先生
ヨガ・呼吸法・瞑想講師。「ヨガスタジオ・シュミッツの森」代表。呼吸法の第一人者として全国のイベントやワークショップに招かれ、初心者にもわかりやすい呼吸法や瞑想を伝授。

幸せホルモンにアプローチするセロトニン活性化メディテーション
photo by Kenji Yamada

 

photos by Kenji Yamada
hair&make-up by Kyoko Suzuki
text by Minako Noguchi
yoga journal vol.74

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

幸せホルモンにアプローチするセロトニン活性化メディテーション
幸せホルモンにアプローチするセロトニン活性化メディテーション
幸せホルモンにアプローチするセロトニン活性化メディテーション
幸せホルモンにアプローチするセロトニン活性化メディテーション
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する