ポーズが完成したと思ったけれど…?【三角のポーズ】よくあるミスアライメント

Adobe Stock

ポーズが完成したと思ったけれど…?【三角のポーズ】よくあるミスアライメント

三角のポーズ(ウッティタトリコナーサナ)でよく見られるミスアライメントとその改善方法です。ご自分にあてはまることはないかチェックしてみてください。

上半身が前に傾く

指先を床に近づけることをポーズの目標にしてしまい、上半身が前に傾いてしまうことがあります(写真下・右)。

三角のポーズミスアライメント
右:上半身が倒れて胸が開かれていない状態

自分でチェックするには?

ポーズに入ったら、目線を床に向けてみましょう。その時に前脚のすねが真下に見えればOK。床が真下にあってすねが視界の端に見えたら上半身が前に傾いている状態です。

改善するには?

指先を床につけることを目指さず、胸を開いた状態を保つことを優先しましょう。手をすねや膝のあたりに添えるなどして上半身を深く倒さないようにしたり、ブロックなどのサポートを得るようにしましょう。また、壁際に立って背中と壁にすき間が出来すぎないように、胸を開いたま上半身を少しずつ倒していく練習もおすすめです。

三角のポーズ
積極的にブロックを使いましょう/Photo by Yoga Journal US

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住。日本とオーストラリアでの会社員生活を経てヨガティーチャーに転身。2012年より在豪日本人やローカルの人たちを対象にヨガクラスをしている他、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語翻訳とナレーションを担当。オーストラリアのゆったりした環境の中、ヨガで日々心地よく暮らすことを心掛け、一人でも多くの人に気軽にヨガを楽しんでもらうことを目指す。RYT500取得、リストラティブヨガTT修了。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

三角のポーズミスアライメント
三角のポーズ
三角のポーズミスアライメント
山のポーズ_戦士のポーズ
三角のポーズミスアライメント
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する