疲れが抜けない・年中冷え性…地味に気になる不調の意外すぎる原因とは

Adobe Stock

疲れが抜けない・年中冷え性…地味に気になる不調の意外すぎる原因とは

私たちが毎日無意識に行っていること、それは呼吸です。ヨガのどのレッスンでも、まずは呼吸を整えるところから始まります。この普段意識をしていない呼吸ですが、今のあなたの呼吸のリズムはどんな様子でしょうか?どのくらいの長さで吸って、どのくらいかけて吐き出していますか?今回は深呼吸がもたらすプラスの効果についてご紹介していきます。

酸素不足が不調を引き起こしているかも

理想的な呼吸の長さは、吸う息吐く息それぞれ約6~7秒かけられると良いでしょう。ご自身の呼吸を確認してみて、6~7秒かけて出来ていた方は少ないかもしれません。浅い呼吸になってしまう原因として、ストレスや姿勢の悪さが挙げられます。ストレスは今や国民病とも言えますね。ストレスがかかっている状態は身体も心も緊張状態のため、深い呼吸をしにくくなってしまいます。また姿勢の悪さとして、猫背も浅い呼吸の原因となってしまいます。猫背だと上体が丸まって常に肺を圧迫しています。本来ならもっと広げられるはずの肺も広がりきらず、結果浅い呼吸へと繋がってしまうのです。浅い呼吸が続いてしまうと酸素不足になり、疲れが取れにくい・冷え・肩こりなどを引き起こす原因にも繋がります。

深い呼吸を練習しよう

まずは深い呼吸に慣れることから始めてみましょう。

やり方

1.椅子に浅く腰掛けます。猫背の方は背筋を伸ばして、特に肋骨の下のお腹らへんが伸びている感覚があればOK。

2.あごを軽く引いて、まぶたを閉じてもどこか一点を見ていても構いません。

3.吸う息でお腹をふわっと膨らませます。一気に吸わずゆっくりと。このとき両肩が上がらないように注意です。

4.吸いきったらゆっくり吐き出していきます。吐くときは膨らませたお腹が背中に近づいていくようなイメージです。

この呼吸法を腹式呼吸と言います。普段私たちは胸式呼吸をしていますが、腹式呼吸を行うことで本来の呼吸の長さを身体に染み込ませられるでしょう。朝起きたときや寝る前にベッドの上で行ったり、お昼休憩中に職場でも実施できる簡単なやり方です。お腹の動きが分かりにくい場合には、片手をお腹の上に添えてみると良いでしょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

疲れが抜けない・年中冷え性…地味に気になる不調の意外すぎる原因とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する