コロナ第二波に備えて今から始めよう!海外で話題の免疫力アップ法

Photo by engin akyurt on Unsplash

コロナ第二波に備えて今から始めよう!海外で話題の免疫力アップ法

世界中で混乱を巻き起こしたCOVID-19(新型コロナウィルス肺炎)。感染拡大を防ぐために世界各地でロックダウンが実施され、日本でも「緊急事態宣言」となり私たちの暮らしはコロナ禍の渦の中に巻き込まれました。経済活動や学校生活などが徐々に再スタートとなりましたが、気の抜けない状況は続きます。そこで今回は、シンガポール在住の筆者が海外で実践されている免疫力アップ方法をご紹介します。

運動

Mor Shani
Photo by Mor Shani on Unsplash

日本、そして世界中で健康意識が高まり、運動する人が増えました。実際に、運動と免疫力には深い関係があると言われています。

平熱が36度以下という「低体温」の人が現代には多くいると言われています。人は体温が下がると血液の流れが滞り免疫力を低下させてしまいます。血液の中には免疫機能を持った白血球が存在しますが、血液の流れが悪いと白血球の働きも鈍くなりウイルスや細菌に負けやすくなってしまうのです。

そして低体温の原因の一つが筋肉量と考えられています。女性は男性に比べて体が冷えやすく”冷え性”が多いのは筋肉量が少ないから。筋肉は人の体の熱生産器官のため、筋肉力が少ないことで体温も下がります。

つまり、免疫力アップには運動をして筋肉量を維持しておくことが欠かせません。

太陽光を浴びる

Becca TapertBecca Tapert
Photo by Becca Tapert on Unsplash

筆者の住むシンガポールをはじめ、東南アジア各地では”あえて”太陽光を浴びてウィルスを撃退しようとする人が急増しています。アジアでは、肌の色や薄さと社会的階層が関連づけられている歴史がありこれまでは太陽光を避けるのが一般的でした。

それが米政府高官がこの程、新型コロナウィルスは太陽光によって急速に不活性化するとの研究結果が発表されたことによってその価値観を180度変えるまでに。この研究は検証中のものではありますが、日中に日に光を浴びることで自律神経に作用して生活習慣が整いウイルスに負けない体を作ることに一役駆ってくれることは期待できるでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Mor Shani
Becca TapertBecca Tapert
Dominik Martin
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する